BLOG

学校のいまを知る

学科を選択

2021.07.30

バイオテクノロジー科

第2回 学生通信 (バイオ科) 〔G02-047〕

月末の金曜日は、RJP活動で広報を担当している学生によるバイオ科通信をお届けしています。

今月は、RJP10班の広報部が投稿してくれました



こんにちは、バイオ科学生通信です。

第2回では第1回でご紹介出来なかったRJP(リアルジョブプロジェクト)の企画を3つほどご紹介いたします。(第1回目の学生通信はこちら


〈RJP企画紹介〉


その1 季節の花を育て学校を彩ろう

学校の外や花壇が雑草だらけで見るに堪えない状況だったため、学校の入り口付近や6階の花壇を使用し、季節ごとに花を育てて学校を色鮮やかにする活動を行っています。5月・6月では雑草抜きや整地、ポットにひまわりとミニひまわりを植え、夏に向けて育てています!


2回目 01

これからどのように育つのか楽しみです❕


その2 紙からエタノールの生成

学校でシュレッダーをかけた紙は産業廃棄物として処理されるためお金がかかってしまいます。もし、コロナ禍で必要なエタノールを紙から作れれば一石二鳥!....ということで、濃硫酸法や菌と酵母の発酵力を用いて紙からエタノールを作ろうとしています。

5月・6月は、シュレッダーをかけた紙を、煮込み、紙の繊維をほどいてドロドロの状態にする作業をしながら、キノコの菌糸を培養してセルロースの糖化、さらにアルコール発酵の準備をしています。


2回目02

写真は実際に紙を煮込んでいる様子と、培地で菌糸を培養している様子です。

普段自分たちが使っている紙から、消毒液であるエタノールが作れるというのは、何ともイメージがわかず不思議な感じですね!

これからの活動に期待がかかります。


その3 教室の美化活動

美化班は、オープンキャンパスなどで実験室に来た見学生により良い印象をもってもらうため、また、より使い勝手のよい実験室を目指し活動しています。

5月・6月は、教室の美化活動を中心に、ミドリムシの継代培養やマウス室の整頓、オートクレーブの清掃などを行っています。

2回目03

写真は整頓したマウス室です。綺麗になってマウスたちも快適そうです!普段から使っている教室もきれいになると、いつにも増して勉強に身が入るような気がします(笑)


文責: RJP10班 学生T&T&N


   \ 夏休みだ!実験しよう/

◆半日体験入学のご案内◆


「きれいな結晶をつくって成長させよう!」

日時:8月1日(日)10:00~12:30

まるで雪の結晶のよう。塩化アンモニウムで結晶をつくります。

担当講師:松井


「栄養機能食品を開発しよう!」

日時:8月7日(土)10:00~12:30 / 14:00~16:30

おからは栄養たっぷり。おからを使って栄養機能食品を作ってみよう!

担当講師:大江

体験入学のお申込みはこちら


バイオ科 公式Twitter 毎日更新中♪

バイオテクノロジー科 公式 (@TTCbio)


バイオ科の学生Twitterは毎週金曜日更新☆

RJP学生 広報部Twitter (@BioRJP)


こちらも宜しくお願いしま~す(*^ ^*)

2021.07.26

IoT + AI 科

第一線で活躍する企業人に聞いた!(Part3)「現在のIoTに関わるお仕事内容と、醍醐味を感じられる印象的なシーンについて」

 専門学校 東京テクニカルカレッジでは、DX社会において、今後ますます必要とされるデータサイエンティストとIoTエンジニアを育成するふたつの新学科「データサイエンス+AI科」「IoT+AI科」を2022年4月に開講します。

 この記事では、「IoT+AI科」のカリキュラムにアドバイスいただいた、株式会社ミライト 高堂 博司さん、ITbookテクノロジー株式会社 渡邊 和彦さんにインタビューをしましたので、ご紹介します。AI分野・IoTエンジニアなどに興味がある方は、今後学んでいく上での参考にぜひご一読ください。



現在のお仕事内容をお教えください。また、IoTのお仕事に醍醐味を感じられるのはどんなときですか、印象的だったシーンなどがあれば具体的に教えてください。


 弊社ミライトは通信建設業と呼ばれ、光回線設備、LTE/5Gなどの無線基地局、EV設備や太陽光発電設備などの電力系設備の提供・施工などを生業としています。私はこれらの事業をベースとしてIoTやAIを活用して付加価値を生み出すソリューションサービス開発業務を所掌しています。

 仕事上の醍醐味は、自分たちで考え、作り出したIoTソリューションをお客様にご提案し、ご利用され、お客様から感謝を頂けたときの達成感ですね。

株式会社ミライト
みらい開発本部
フロンティアサービス推進本部
フロンティアサービス推進部 部門長
高堂 博司さん

株式会社ミライト 高堂 博司さん




 弊社は「みまわり伝書鳩」「温調みつばち」という環境監視や施設園芸で使われるIoTシステムを開発・販売しています。また、組込みミドルウェア「Cente(セント)」という、IoT機器の開発には欠かせないソフトウェア部品の開発・販売もしています。

 IoTの仕事で一番醍醐味を感じるのは、やはり自分達が生み出した製品やサービスが使われているのを街中で見かける事ができることだと思います。建設現場に設置されているみまわり伝書鳩を見たときや、ファーストフード店やタクシーのカード決済機(中身のソフトウェアがCenteです)を見かけると、社会の役に立っている実感が持てます。

ITbookテクノロジー株式会社
取締役副社長
デジタルテクノロジー事業本部長
一般社団法人体験設計支援コンソーシアム 副代表理事
一般社団法人みんなのIoTコンソーシアム 理事
渡邊 和彦さん

ITbookテクノロジー株式会社 渡邊 和彦さん


※社名・役職 / 2021年3月時点

2021.07.26

データサイエンス+ AI科

第一線で活躍する企業人に聞いた!(Part3)「現在のデータサイエンスに関わるお仕事内容と、醍醐味を感じられる印象的なシーンについて」

 専門学校 東京テクニカルカレッジでは、DX社会において、今後ますます必要とされるデータサイエンティストとIoTエンジニアを育成するふたつの新学科「データサイエンス+AI科」「IoT+AI科」を2022年4月に開講します。

 この記事では、「データサイエンス+AI科」のカリキュラムに対しアドバイスいただいた、WillBooster株式会社 坂本 一憲さん、株式会社Rejoui 菅 由紀子さん、ヤフー株式会社 北川 淳一郎さんにインタビューをしましたので、ご紹介します。AI分野・データサイエンティストに興味がある方は、今後学んでいく上での参考にぜひご一読ください。



現在のお仕事内容をお教えください。また、データサイエンスのお仕事に醍醐味を感じられるのはどんなときですか、印象的だったシーンなどがあれば具体的に教えてください。


 現在は様々な企業におけるデータ・AIの活用方法について相談に乗り、必要なデータやどのようなAIが必要かを見極める仕事を多く行っています(このような仕事をコンサルティングといいます)。また、企業における「人の働き方」のデータを解析して、人がより幸福に働くにはどうしたら良いか?という解析を行ったりしています。加えて「音声」を解析してその人のその日の体調を分析する、ということも行っています。

 この仕事の醍醐味は、何よりも「社会の役に立つ仕事」であるということです。データから「新たな価値」を発見し、それがビジネスにおける課題解決の役に立つ。それがデータサイエンスの仕事の素晴らしいところです。

株式会社Rejoui 代表取締役
一般社団法人 データサイエンティスト協会 スキル定義委員
菅 由紀子さん

株式会社Rejoui 菅 由紀子さん




 現在は、地図やカーナビといったサービスで使用される「拠点検索」と言われる検索システムの改善を行っています。

 醍醐味はランダム化比較実験(Web業界ではABテストと呼ばれます)で、実際に自分たちが行なってきた改善策が具体的な数字でどう変化したかを見ることが出来る点でしょうか。自分たちの成果を都度具体的な数字で確認しながら進められるのは、とてもやりがいがあって楽しいです。

ヤフー株式会社 COO 検索統括本部
検索プラットフォーム開発本部 開発4部
一般社団法人 データサイエンティスト協会 スキル定義委員
北川 淳一郎さん

ヤフー株式会社 北川 淳一郎さん




 私は研究者と起業家の2つの顔を持っています。研究者して活動する際は、自分の研究データを分析することで、科学的根拠があると主張できるかどうかを考えますし、また、他者の研究を調査するときは、研究者がデータに基づいて主張を行っており、信頼できる研究成果かどうかを確認します。どちらにおいても、データサイエンスの知識が重要となります。

 また、起業家としては、学習者の個性に応じてやる気が出るシチュエーションが異なることに着目して、学習者ごとに適した方法で学習意欲を引き出すためのソフトウェアを開発しています。具体的には、どんな人がどんな情報を見るとやる気がでるかという仮説を立てて、仮説に従ってソフトウェアを開発して、実際に色々な学習者にソフトウェアを使ってもらってデータを集めます。データを分析した結果、仮説が正しいと分かったときはとても嬉しいですし、仮説が誤っていると分かったときは、なぜそうなるのかとても興味深く感じます。正しくても誤っていても、いずれにせよ自分の仮説の結果が分かることが、とても楽しいと感じています。

WillBooster株式会社
早稲田大学 研究院脚韻准教授 国立情報学研究所 客員准教授
株式会社リビングロボット アドバイザー
坂本 一憲さん

WillBooster株式会社 坂本 一憲さん


※社名・役職 / 2021年3月時点

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。