まずは気軽に参加してみよう!

Tue

6


15

オンライン
説明会A

Tue

6


15

オンライン
説明会B

Sun

6


20

AO対策
午前のみ

Sun

6


20

保護者
向け

Tue

6


22

オンライン
説明会A

Tue

6


22

オンライン
説明会B

Thu

6


24

オンライン
実習A

Thu

6


24

オンライン
実習B

Sun

6


27

半日
体験入学

Sun

6


27

AOエントリー
対策講座

Tue

6


29

オンライン
説明会A

Tue

6


29

オンライン
説明会B

Thu

7


1

オンライン
実習A

Thu

7


1

オンライン
実習B

Sun

7


4

半日
体験入学

Tue

7


6

オンライン
説明会A

Tue

7


6

オンライン
説明会B

Thu

7


8

オンライン
実習A

Thu

7


8

オンライン
実習B

Sun

7


11

スカラ説明
[国内生]

Sun

7


11

スカラ説明
[留学生]

Sun

7


11

AO面接
対策講座

Tue

7


13

オンライン
説明会A

Tue

7


13

オンライン
説明会B

Thu

7


15

オンライン
実習A

Thu

7


15

オンライン
実習B

Sun

7


18

半日
体験入学

Sun

7


18

AOエントリー
対策講座

Thu

7


22

半日
体験入学

Sun

7


25

半日
体験入学

Wed

7


28

AO面接
対策講座

Thu

7


29

留学生
OC(来校)

Thu

7


29

留学生OC
(オンライン)

Thu

7


29

オンライン
実習A

Thu

7


29

オンライン
実習B

Sun

8


1

半日
体験入学

Sun

8


1

AOエントリー
対策講座

Wed

8


4

夏休み
スペシャル

Thu

8


5

オンライン
実習A

Thu

8


5

オンライン
実習B

Sat

8


7

半日
体験入学

Sat

8


7

専門と大学
の違いSP

Wed

8


18

AO面接
対策講座

Sat

8


21

半日
体験入学

Sat

8


21

AOエントリー
対策講座

Tue

8


24

オンライン
説明会A

Tue

8


24

オンライン
説明会B

Thu

8


26

留学生
OC(来校)

Thu

8


26

留学生OC
(オンライン)

Thu

8


26

オンライン
実習A

Thu

8


26

オンライン
実習B

Fri

8


27

授業
見学会

Sun

8


29

半日
体験入学

Tue

9


7

オンライン
説明会A

Tue

9


7

オンライン
説明会B

Tue

9


14

オンライン
説明会A

Tue

9


14

オンライン
説明会B

Thu

9


16

留学生
OC(来校)

Thu

9


16

留学生OC
(オンライン)

Tue

9


28

オンライン
説明会A

Tue

9


28

オンライン
説明会B

矢印(左)

気になる仕事から学科を探す

建築
インテリア

建築士、現場監督、建築デザイナー、
インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターなど

IT
ゲーム
Web系

データサイエンティスト、IoTエンジニア、システムエンジニア、プログラマー、ゲームプランナー、Webデザイナー、動画クリエイターなど

環境
バイオ

環境分析技術者、水処理技術者、環境保全エンジニア、バイオ研究支援技術者、食品開発・生産技術者など

学校のいまを知る

2021.06.11

バイオテクノロジー科

こんにちは、バイオ科の宮ノ下です。 私が講師をしていて嬉しいことの1つは、学生の目の色が変わる瞬間を目にすることができるところです。 バイオ科の数ある実習の中でも、操作が多く猛烈に忙しい実験があります。それは、2年生の酵素学実験。秒単位でサンプルの管理が必要なため綿密なタイムスケジュールを立てないと実習時間内に実験が終わりません。実習内容の説明を受けると、腕まくりをして「よっしゃー!時間内にやり終えてやろうじゃないか」とメラメラ燃える学生たち。あの目を見ると「おっ本気スイッチが入ったな」と嬉しくなります。 〈本気スイッチが入った学生。目が真剣〉 今回は、β-ガラクトシダーゼという酵素の活性を調べた実習をご紹介します。ここで、酵素についておさらいしましょう。酵素は、化学反応の速度を速める生体触媒です。例えば、β-ガラクトシダーゼはヒトや大腸菌がもつ酵素の1つですが、ラクトース(乳糖)を速やかにグルコース(ブドウ糖)とガラクトースに分解させる働きがあります。実習では、ラクトースの代わりにONPGを使い、β-ガラクトシダーゼによりo-ニトロフェノールとガラクトースに加水分解させました。 酵素の主成分はタンパク質です。タンパク質は、熱や酸、アルカリで変性するため、この条件下では活性を失います。今回の実習では、溶液のpH(酸性やアルカリ性の度合い)の違いがβ-ガラクトシダーゼ活性にどう影響するかを調べていました。 〈実験準備にとりかかる学生〉 調べるpHの範囲はpH3.0、4.0、4.5、5.0、6.0、7.0、8.0の7段階。β-ガラクトシダーゼの酵素活性が最も高い至適pHはどこか。また、酵素を各pH溶液に30℃で2時間、置いてから至適pHに戻した場合、酵素活性が残っているか(残存活性)を調べる実験をしていました。使う試験管は班で56本。14班編成なので、えーと….784本!?実験も器具洗いも大忙しな1日が始まりました。 試験管に基質液を入れて30℃で5分間インキュベートします。その後、酵素液を入れて30℃で10分間反応し、アルカリを含む停止液を1ml加え、すぐに攪拌(かくはん)。この操作を56本の試験管で行うのですから、1本ずつ15分間はかけていられません。1本1本、秒単位で管理を行い、数秒ごとに時間差をつけて、この操作を繰り返します。そのため、とてもチームワーク力が試される実習です。 〈テンポよく56本の試験管の酵素反応をおこなう〉ONPGの分解で生じたo-ニトロフェノールはアルカリ下で黄色になるため420nmの吸光値を測定し、吸光値から酵素活性を計算します。〈o-ニトロフェノールは黄色で420nmに吸光する〉〈分光光度計でo-ニトロフェノールの吸光値を測定〉〈β-ガラクトシダーゼのpHにおける酵素活性(%)と残存活性(%)のグラフ〉横軸にpH、縦軸に活性をプロットし、活性pH曲線を作成します。実験が好きなだけでは、仕事はありません。実験結果を報告書でまとめる力をつけるところまでバイオ科でしっかり学んでいきます。来週のブログもお楽しみに★◆本日のバイテク用語 №23◆分光光度計:ブログ〔002〕のバイテク用語№1でも説明しましたが、今回はより詳しく。分光光度計は、可視光、紫外線のうち一定の波長の光をサンプルへ照射し、入射光と透過光の差から、溶液中の物質(溶質)の吸光度をだすことができる分析機器です。また、物質の吸収スペクトルから構造を調べることもできます。今回の実験では、目的の物質(o-ニトロフェノール)に試薬を加えて発色させランバートベールの法則を用いて、目的物質の濃度を算出しました。バイオ科には、分光光度計が全部で24台あり、酵素学実習の他、化学分析実習、微生物実習、遺伝子工学実習で物質や細胞の濃度を測定するのに使用します。 ■オープンキャンパス(半日実験体験)のお知らせ■6月13日(日)10:00~12:30 14:00~16:30 「本格的に無菌操作の実験体験!」 無菌操作で微生物を培養します。担当講師 松井 6月27日(日)10:00~12:30「自分専用の顕微鏡をつくってみよう」レンズから手作りします!倍率100倍!? うまくできるかな。担当講師 大江オープンキャンパスのお申込みはこちら バイオ科 Twitter 毎日更新中♪ こちらも宜しくお願いしま~す(*^ ^*) 東京テクニカルカレッジ バイオテクノロジー科 (@TTCbio) 文責: 宮ノ下いずる  

2021.06.04

バイオテクノロジー科

こんにちは、バイオ科の宮ノ下です。 先日、入学式から2カ月が経った1年生にTTCの施設、設備で満足しているところをアンケートで聞いてみました。フムフムなるほど。学生たちはそこを気に入っているのね。今日は、TTCのバイオ科学生から見た満足度の高い施設や設備をランキング形式でご紹介します。   3位 階段の踊り場窓際に椅子とテーブルがあり、リラックスできる!TTCは、フロアごとに学科の教室が入っています。4Fは環境テクノロジー科とバイオテクノロジー科。5Fはウェブ動画クリエーター科と情報処理科、7Fはゲームプログラミング科、8Fは建築科、9Fはインテリア科、10Fは建築監督科、そして11F はブリッジエンジニア科です。各階の階段の踊り場にはテーブルと椅子が置いてあり、学生が一息できる休憩スペースがあります。学科ごとにレイアウトや雰囲気が違うのが面白いです。また、上層階は新宿の高層ビルを一望できるのも魅力です! 〈4F バイオ科フロアの休憩スペース 〉〈8Fの休憩スペース。インテリアのパーツや建築学科の学生が制作した模型が並ぶ〉〈9F の休憩スペース インテリア学科の学生が制作した椅子がオシャレ〉〈11Fの休憩スペース 学生が制作した精巧な景観模型は圧巻!〉〈11Fから見た夕焼けの美しさに心が洗われる〉〈11Fから眺める新宿の夜景は頑張った自分へのご褒美〉 2位 バイオ科の実験器具が充実している!こちらは『バイオ科のいいね!』のブログでも紹介しましたが、1年生も実習を通して実験器具が充実していることを肌で感じたようです。実験は料理と同じで体で覚えるべし。汗をかくほどたくさん実験をして技術を身につけていきましょう。器具の充実を紹介したブログはこちら〈実習ではたくさんの実験器具を使う〉〈使用した器具は洗って乾燥棚に(もう少し丁寧に干してほしい(-_-;))〉〈さまざまなタイプのマイクロピペットが揃う〉〈ギルソン製とニチリョー製のマクロピペットだけで120本以上!〉 1位 カフェのあるエントランス堂々の第1位はエントランスでした。学生から以下のような嬉しい声を頂きました。 ☑ オシャレなエントランスにテンションが上がる。 ☑ 明るく解放感のあるエントランスが好き! ☑ カフェがあるTTCのエントランスはすばらしい。TTCのエントランスはカフェになっています。カフェの名前はテラカフェ。このオシャレなカフェを作ったのは、なんとTTCの学生自身です。2014年頃からカフェをつくるプログラムが立ち上がり、RJP活動を通して全学科が力を合わせてテラカフェを作りました。バイオ科もオリジナルのコーヒーや紅茶の商品開発に携わっています。COVID-19以前は、学生スタッフが朝と夕方にコーヒーを提供してくれましたが、今はセルフでコーヒーと紅茶を購入するのみ。早く、学生が入れたおいしいコーヒーが飲みたいです。また、今は遠隔で行っているTTCバイオカフェ(→これまでのTTCバイオカフェ全部)ですが、TTCのエントランスで開催したこともありました。〈建築科が制作したテラカフェの模型〉〈TTCの顔となるカフェのあるエントランス。テラカフェのロゴはWeb動画クリエーター科が制作〉〈100円で購入できるコーヒーマシン〉〈テラカフェのテーブルや椅子、ツリーのオブジェはインテリア科の手作り〉〈2017年にTTCのエントランスで開催されたTTCバイオカフェ〉〈七夕が近くなると願い事が書かれた短冊がエントランスを彩る〉〈クリスマスが近づくとツリーが出現。装飾はインテリア科が担当。クリスマスソングが流れ、気分も上がる〉学校は教育の場であると同時に、人間関係を築く場であり、長い時間を過ごす生活の場です。一人一人が快適に充実したキャンパスライフをおくれるように、施設と設備の充実も図っていきます。今日も明日も、学生がTTCで笑顔になれますように。 来週のブログもどうぞお楽しみに★ ■オープンキャンパス(半日実験体験)のお知らせ■ 6月6日(日)10:00~12:30「植物の色・絵具の色・いろんな色素を調べよう!」バラ、マリーゴールドなどから色素の抽出をします。担当講師 宮ノ下 6月13日(日)10:00~12:30 14:00~16:30「本格的に無菌操作の実験体験!」無菌操作で微生物を培養します。担当講師 松井オープンキャンパスのお申込みはこちら 文責:宮ノ下いずる

2021.06.03

バイオテクノロジー科

5月28日(金)第33回TTCバイオカフェがZOOMによるオンラインで開催されました。 今回のTTCバイオカフェは、スピーカーとして山口 夕(やまぐち ゆうべ)先生をお招きし「国際植物の日:Fascination of Plants Day(FoPD)」イベントとして行われました。テーマ:「人工光型植物工場と私」スピーカー:山口 夕先生(大阪府立大学大学院・准教授、博士(バイオサイエンス)) 先生のご紹介ならびにお話の概要は、ここをクリック。 ファシリテーター:佐々 義子先生(くらしとバイオプラザ21常務理事、博士(生物科学)) 今回、山口先生は大阪からお話しされ、佐々先生が東京からファシリテートし、全国各地から多くのご参加者をお迎えし、まさにオンラインの特性を生かしたバイオカフェとなりました。 山口先生から大阪府立大学構内で実際に行っておられる植物工場のご研究を中心に具体的なお話を伺い、その後、佐々先生のファシリテートでチャットや口頭での質疑応答、話し合いの場が設けられました。 山口先生のお話の詳細ならびに参加者との話し合いについては、特定非営利活動法人 くらしとバイオプラザ21のバイオカフェサイトに掲載されます。のちほど、本サイトにリンクいたします。 多くの方々のご参加をいただきました。(話し合いのPC画面) 主催:特定非営利活動法人 くらしとバイオプラザ21 共催:専門学校 東京テクニカルカレッジ(TTC) これまでのTTCバイオカフェは、ここをクリック。 ご参加のみなさま、ありがとうございました。 文責:大藤道衛

2021.05.28

バイオテクノロジー科

こんにちは。バイオ科の宮ノ下です。新緑のまぶしい季節になりました!TTCの6階テラスでは、初夏に咲くサツキが見頃を迎えています。このテラスは学校の憩い場所の1つで、解放感を求めて休み時間には学生が一息入れています。〈TTCの6Fテラス〉 〈満開になったサツキ 5月25日撮影〉さて、このツツジ科のサツキは花が美しいだけでなく、花粉の形が面白いのが特徴です。おしべの先端の白い粉(花粉)をスライドガラスにのせて水で封じ顕微鏡で観察すると、通常1粒ずつ観察される花粉が、分子模型のように複数の花粉が集合して観察されます。サツキは、減数分裂後に細胞がバラバラにならず、四分子の状態で花粉が成熟する珍しい植物なのです。比較として、学校近くの路地で見つけたトキワツユクサの花粉をのせました。こちらは、単離した花粉粒が観察されます。〈サツキの花粉のプレパラートを作製〉〈サツキの花粉四分子(倍率10×40)〉〈トキワツユクサ〉〈トキワツユクサの花粉はミカン形⁉(倍率10×40)〉 TTCは1年を5期に分けて授業を行っていますが、学期の終わりごとに1年生は就職のための特別プログラムを受けます。具体的には、自己分析をする、職種や業界を知る、先輩たちの就活体験談を聞く、SPIの試験を受ける、就職後の税金や年金の話を聞く、企業の合同説明会に参加するなどさまざまなカリキュラムがあります。学生ひとりひとりの不安をなくし、就職活動をスムーズにすすめられるようにカリキュラムを設けています。先日、1期の試験が終わったので、第1回就職プログラムが実施されました。 〈働く意義を考える授業〉 1回目(5月24日)は、なぜ人は働くのかを考えたり、自分がどのようなタイプの人間なのかを自己分析しました。人生思い通りにはならないものですが、長い人生をよりよく生きるためにも、人生の大半を過ごすことになる仕事に対して真剣に考え、具体的な計画を立てることはとても大切です。まず、将来にやってみたいことをリストアップしてみましょう。 7月中旬には2回目の就職ガイダンスが実施される予定です。2回目は、実際に内定をとった2年生から就活の体験談を聞きます。どうぞお楽しみに♪〈就職活動の実践ワークブックを使い自己分析をします〉 最後に、先に紹介したサツキの話をしましょう。サツキは、よく公園や垣根で見かけますが、野生のサツキは山の川沿いや岩の上など過酷な環境に生息しています。さらにサツキは、暑さ寒さにも、病気や害虫にも強くとても屈強な植物です。これからの就職活動は山あり谷ありいろいろあると思いますが、「当たって砕けろ!」の精神でサツキのようにたくましく、タフに活動していきましょう♪私たち教職員も、みなさんの就職活動をしっかりサポートしていきます(*^^*)来週のブログもどうぞお楽しみに★■オープンキャンパス(半日実験体験)のお知らせ■5月30日(日)「光る大腸菌?DNA実験に挑戦!」DNAの抽出実験をします。担当講師 大藤6月6日(日)「植物の色・絵具の色・いろんな色素を調べよう!」バラ、マリーゴールドなどから色素の抽出をします。 担当講師 宮ノ下  お申込みはこちら      文責 宮ノ下いずる 
保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。