動画クリエイター

動画制作に関わる人の総称で、主に動画制作会社などで企画・撮影・編集をこなし、動画完成までのすべての工程に関わる人のことを指します。

動画クリエイターとは

動画クリエイターとは

動画クリエイターは、その名の通り動画を制作する仕事です。

私たちの身の回りには、CMや広告だけでなく、YouTubeやSNSなどでも、さまざまな動画コンテンツがあふれています。

広い意味ではテレビ局などのスタッフやCGデザイナーなども動画クリエイターといえますが、主に企画・撮影・編集などを一手に引き受けるのが動画クリエイターと呼ばれることが多いです。

動画制作の目的の多くは広告であり、多くの人の関心を集め注目される動画づくりをすることが大切です。

とくに近年はインターネット上で使われる低予算・小規模な動画制作が増えてきており、ディレクションから動画の撮影までができる人材が求められています。

動画クリエイターの仕事内容

動画クリエイターとは、動画制作に関わる仕事をする人の総称です。

ディレクターや演出家、プロデューサー、CGデザイナーなども動画クリエイターといえますが、主に企画から撮影、編集まで一人でこなせるような人のことを指すことが多いです。

動画クリエイターが手掛けるものは、CMをはじめとしたプロモーション動画のほか、ミュージックビデオ、企業や研修で使われる動画、Youtube動画など多種多様です。

 

動画クリエイターの主な業務内容

(1)動画の企画

ターゲットやコンセプトを決めると、具体的なアイデアを出し、シナリオや絵コンテを考えます。

制作が決まると予算やスタッフも決めます。

(2)動画の制作

実際に自分で撮影する人もいれば、CGを使って作成する人、デザイナーと協力して作り上げる人など手法はさまざまです。

(3)動画の編集

用意した動画がより効果的に見られるよう、編集作業を行います。

こうした作業はひとりですべて行う人もいれば、カメラマンやデザイナーなど専門スタッフと分業して行う人もいます。

 

動画クリエイターの勤務先

主な活躍の場は、映像制作を専門に行う会社や、テレビ局とその関連会社、広告代理店などです。

多くの会社ではクライアントの企業から依頼を受けて動画を作成しますが、近年は結婚式で流す個人向けの動画や、SNSで利用する動画の編集に需要が高まってきています。

動画クリエイターになるには

動画クリエイターの学校

動画クリエイターを目指す人の多くは、大学や専門学校で映像制作を学んでいます。

とくに専門学校では、撮影機材の使い方やCGの技術、編集方法など、動画制作の基礎を身につけることができます。

動画や映像に関するクリエイティブ職を希望する場合、実際に作成した動画(ポートフォリオ)を企業に提出しなければいけないこともあります。

学校で製作する動画のほか、自主製作の動画作品を発表するなど、学生のうちから経験を積んでおくことをおすすめします。

就職先は映像制作会社、広告代理店、テレビ局などさまざまで、それぞれに得意分野があるため、自分がどのような動画を作りたいのかも考えておくことも大切です。

 

動画クリエイターのキャリアパス

就職すると、まずはアシスタントという立場で、撮影や編集の手伝いをしながら仕事の流れや方法を覚えていきます。

経験を積むと徐々にメインの企画や編集を担当するようになり、ひとりで作品を任されるようになります。

 

動画クリエイター関連の資格

動画制作に関連する資格としては「画像処理エンジニア検定」「CGクリエイター検定」などのほか、「Illustratorクリエイター能力認定試」「Photoshopクリエイター能力認定試験」などのデザイン面での技術を証明するものがあります。

ただし、学歴や資格よりもクリエイターとしての力量を重視しているところも多いため、まずは自分のセンスや動画制作のスキルを向上させていくことが近道です。

動画クリエイターに
オススメの学科

Web動画クリエイター科
WEB VISUAL CREATOR

Web動画クリエイター科

Webデザインから動画制作スキルまで身につけ、
業界をリードするクリエイターになる。

  • オープンキャンパス学校説明会・見学・体験入学など随時募集中!
  • 資料請求学校案内・保護者ガイドをお送りいたします。
  • 入学要項学費について願書・学費・学費サポート・学生寮など