Webデザイナー

企業や官公庁などから依頼を受け、見た目の美しさや使いやすさを考えながらWebサイトの企画・デザイン・制作を行う仕事です。

Webデザイナーとは

Webデザイナーとは

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを専門に行う仕事です。

クライアントから依頼を受け、Webサイトをつくる目的やコンセプトに合わせたデザインをしていきます。

ただ美しさを求めるだけではなく、ユーザーにとって使いやすく、わかりやすいデザインをつくることが大切な仕事です。

Webサービスは私たちの生活にとって欠かせないものになっており、新たなサービスが次々とつくられるなか、Webデザイナーの仕事はますます増えると考えられます。

デザインスキルだけではなく、Webデザイナーに求められる技術レベルが上がってきており、しっかりとした知識やトレンドに対応する技術を身につけることが重要になってきています。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事は、民間企業や官公庁などから依頼を受けてWebサイトのデザインを行う仕事です。

Webクリエイターと呼ばれることもあります。

 

 Webデザイナーの仕事の流れ

まずクライアントの意向を聞き、どのようなコンセプトにするかなどを決めます。

その後おおまかにどのようなWebサイトにするのかチームで企画を出しあい、クライアントと打ち合わせながら、デザインやレイアウトを細かく決めていきます。

最終的に企画が決定すると、Webデザイナーはページ全体のレイアウト、使用するロゴやバナーなどの素材を考えていきます。

Webサイト制作は、チームで仕事を進めることが多いですが、こうした作業をすべて一人で行う人も少なくありません。

Webデザイナーは、レイアウトやフォントといった見た目の美しさだけでなく、機能性や操作性を高めることも求められます。

サイト制作には、htmlやCSS 、JavaScriptなどの専用のプログラムを使用し、場合によってはデザインだけではなくコーディングやプログラミングの一部を担うこともあります。

 

Webデザイナーの勤務先

おもな勤務先はWebサイト制作会社、企業のWebサイト担当部門などです。

またフリーランスで働く人も比較的多い職業で、Web制作会社などで経験を積んでから独立したり、フリーランスとして一人で仕事をしたりしている人も目立ちます。

ただし、プロジェクト全体に関わりたい、より大きな案件を手掛けたいという人は、Web制作会社で経験を積んでおいたほうがよいでしょう。

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになる人の多くは、専門学校や大学でWebデザインを学び、その後制作会社などへ就職して活躍しています。

こうした企業ではまったくの未経験者を採用することは少ないため、多くの人が情報系の大学やWebデザインを学べる専門学校を卒業しています。

 

Webデザイナーの学校

Webデザイナーは近年特に人気を集めている職業であることから、東京をはじめとした都市部であれば、複数の大学や専門学校を見つけられるでしょう。

専門学校は大学に比べると企業とのつながりも強いため就職率が高く、就職をサポートしてくれたり、卒業後の仕事をあっせんしてくれたりするメリットもあります。

専門学校ではWebに関係する知識や、コーディング、デザイン、ツールの使い方などが学べます。

とくにプログラミングができるWebデザイナーは非常に重宝されるため、学校でプログラミングも学んでおくと、より就職に有利です。

また、近年は動画編集のスキルも求められるケースもあり、より幅広い知識やスキルが求められるようになっています。

 

Webデザイナー関連の資格

関連資格には「ウェブデザイン技能検定」があり、これはWebデザインに関する唯一の国家資格です。

働くうえでは必須ではありませんが、取得していると高いスキルを持っていると評価されやすいです。

Webデザイナーに
オススメの学科

Web動画クリエイター科
WEB VISUAL CREATOR

Web動画クリエイター科

Webデザインから動画制作スキルまで身につけ、
業界をリードするクリエイターになる。

  • オープンキャンパス学校説明会・見学・体験入学など随時募集中!
  • 資料請求学校案内・保護者ガイドをお送りいたします。
  • 入学要項学費について願書・学費・学費サポート・学生寮など