環境分析技術者

大気や水質などの自然環境を調査・分析し、公害を防ぐための研究を行うとともに、環境保全について多くの人に知ってもらうためにはたらきかける仕事です。

環境分析技術者とは

環境分析技術者とは

環境分析技術者は、大気や水質を分析し、環境について研究する専門の技術者です。

たとえば、大気中の成分濃度を測定して環境汚染の原因について調べたり、水質汚染によって地域に与える影響を調査したりします。

分析した結果は、大気汚染をはじめとした自然破壊を防ぐため、また環境保全のために利用されます。

そのほか、騒音や化学物質などの公害について調べることもあります。

近年はSDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、環境分析技術者の仕事は、一人ひとりの自然環境に対する意識を向上させ、地球の未来を守ることにもつながります。

環境保全や環境問題などへの関心の高まりをうけて、環境技術者のニーズは今後も増加していくと考えられます。

環境分析技術者の仕事内容

環境分析技術者は、大気や水質を分析して、環境破壊や自然環境の汚染を防ぐためにさまざまな仕事を行います。

現在、地球は人間の活動の増大によって、全世界で環境や気候の変動がすすんでいるといわれています。

環境分析技術者は、人間と動植物が適切な環境で生活できるように、大気の成分濃度や土壌汚染、水質汚濁などを調査研究し、進行状況を調べ、今後どのような対策をとればよいかを考えます。

それだけでなく、工場からの化学物質による汚染や道路における騒音、工場など製造現場における振動などといった労働安全に関するものや、公害問題についても調査します。

環境分析技術者の仕事は、私たちの生活や住環境に密接にかかわるものであり、人間と動植物が今後も地球で共存できるように配慮する、とても重要な役割を担っています。

 

環境分析技術者の活躍の場

環境分析技術者のスキルはさまざまなところで生かすことができるため、調査研究に携わるだけでなく、開発現場でアドバイザーになったり、新商品を開発したりすることもできます。

調査や研究の結果から環境保全や公害防止のマニュアルを作成したり、官公庁や関係団体から依頼を受けて、十年単位の長期にわたって継続的に調査をしたり、研究をしたりすることも珍しくありません。

そのほか、環境への負荷が少ないエネルギーや商品開発に携わったり、企業や学校などを訪問して、地球環境のことを知ってもらったりする仕事もあります。

環境分析技術者になるには

環境分析技術者になるには、大学や専門学校で環境科学や環境工学などについて学んだあと、公的な環境研究所や調査会社、環境コンサルティング会社、化学薬品メーカーなどに就職します。

そのほか、環境分析の人材派遣会社、NGOやNPOなどで活躍するケースも見られます。

 

環境分析技術者の学校

環境分析技術者になるためには特別な資格は必要ありませんが、自然環境や分析についての専門知識が必要です。

主に環境学や測定機器の操作を大学や専門学校などで学んだ後に、関連資格を取得するのが一般的です。

専門学校に通うメリットとしては、地理学、土木工学、化学、環境工学、生物学など特定の分野を短期間で学べるほか、資格取得に対するサポートが手厚いことが挙げられます。

また、専門学校は大学に比べると実践や実習、フィールドワークの授業が多く、分析の方法や機器の使い方などを在学中の早い段階から身につけることができる点も大きなメリットです。

 

環境分析技術者関連の資格

環境分析技術者に関連する資格には「化学分析技能士」「環境計量士」「環境測定分析士」などがあります。

これらの資格は必置資格や業務独占資格が多く、資格がなければ特定の業務が出来ないものも多いです。

取得していることで仕事の幅がさらに広がり、活躍できる場の選択肢も増えるため、積極的に取得を目指すとよいでしょう。

環境分析技術者に
オススメの学科

環境テクノロジー科
ENVIRONMENTAL TECHNOLOGY

環境テクノロジー科

分析・浄化どちらも学び、
環境保全技術を身につけた環境技術者になる。

バイオテクノロジー科
BIOTECHNOLOGY

バイオテクノロジー科

バイオに関わるさまざまな分野の基礎を学び
一人ひとり確実な実験技術を身につけて、
幅広い就職先を目指す。

  • オープンキャンパス学校説明会・見学・体験入学など随時募集中!
  • 資料請求学校案内・保護者ガイドをお送りいたします。
  • 入学要項学費について願書・学費・学費サポート・学生寮など