Webエンジニア

Web業界で働くITエンジニアの総称で、プログラミングやコーディングの知識やスキルを活かしながら、Webサイトやスマートフォンアプリの設計・開発を行います。

Webエンジニアとは

Webエンジニアとは

Webエンジニアは、パソコンやスマートフォンなどからアクセスするサイトやアプリを開発するエンジニアです。

インターネット上に構築するシステムの設計や開発を専門に行い、Webの知識・スキルを活かして働きます。

企画、設計、デザイン、Webマーケティングなどさまざまな分野の知識が必要で、なかにはすべてを一人で行っているWebエンジニアもいます。

近年のWebシステムやサービスは、よりスピード感が重視されるようになりました。

短期間でプロジェクトのスタートからローンチまでを行い、人によってはいくつものプロジェクトを同時進行することも珍しくありません。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事は、Web上で利用されるサイトやアプリケーションなどの設計や開発、プログラミングを行うことです。

作業内容は主に「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」という2つの工程にわかれます。

 

フロントエンドエンジニア

開発のフロント部分、Webブラウザやアプリケーションのインターフェース部分を開発するエンジニアです。

入力画面などユーザーに最も深く関わる部分を担当するため、デザインだけでなくUI(ユーザーインターフェース)やUX(ユーザーエクスペリエンス)も重視しながら作業する必要があります。

 

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、OSやサーバー、データベースなど、システム部分の開発を行います。

バックエンドには、フロントエンドからの情報をデータベースに登録したり、データベースにある情報をフロントエンドに渡したりする役割があります。

一般のユーザーからは直接見えにくいですが、サーバーやデータベースの構築、システム開発、運用、保守、セキュリティなどサイトやアプリにおける重要な部分を扱います。

 

Webエンジニアの勤務先

Webエンジニアの主な活躍の場はWeb制作会社、ソフトウエア開発会社などが中心です。

こうしたIT企業の多くは勤務時間の自由度の高い求人が多く、在宅で勤務する人も多くいます。

近年では特定の企業に属さず、フリーランスとして働くWebエンジニアも増えてきています。

Webエンジニアになるには

Webエンジニアの学校

Webエンジニアを目指す際は、まず大学や専門学校で情報処理や情報工学、電気工学などを勉強して、エンジニアとして就職することを目指します。

基本的には理系出身者が多いですが、文系からでもエンジニアを目指すことは可能です。

専門学校では、就職してから現場で活躍できるように実践的なカリキュラムが組まれているのが特徴です。

専門的な知識や技術を短期間に習得できるため、大学を卒業した人よりも早く社会に出て活躍したいという人におすすめです。

 

Webエンジニア関連の資格

Webエンジニアに特別な資格は必要ありませんが、システムエンジニアの登竜門ともいわれる「基本情報技術者試験」をはじめ「応用情報技術者」「ITパスポート」など情報処理関連の資格を取得しておくと、就職の際に有利となるでしょう。

ただし、Webエンジニアは学歴や資格よりも、実務経験や実力を重要視されることが多いです。

在学中から一定の経験を積んだり成績を上げたりして実力を示していれば、ポテンシャルを買われて採用になるということも珍しくありません。

 

Webエンジニアのキャリアパス

Webエンジニアとして採用後は、研修を受けながら基礎を学び、先輩につきながら1~2年は経験やスキルを身に着けていきます、

数年たつと、ようやく一人でプログラミングを任されたり、チームのリーダーとなったりするなど、難しい仕事を任されるようになります。

Webエンジニアは企業や担当する案件にもよりますが、身に付けるべき知識は多く、継続的な学習が必要です。

Webエンジニアに
オススメの学科

Web動画クリエイター科
WEB VISUAL CREATOR

Web動画クリエイター科

Webデザインから動画制作スキルまで身につけ、
業界をリードするクリエイターになる。

情報処理科
DATA PROCESSING

情報処理科

IT業界の最前線で活躍できる、
フルスタックエンジニアになる。

  • オープンキャンパス学校説明会・見学・体験入学など随時募集中!
  • 資料請求学校案内・保護者ガイドをお送りいたします。
  • 入学要項学費について願書・学費・学費サポート・学生寮など