照明デザイナー

照明のプロダクトデザインや、照明を生かした舞台演出、プロジェクションマッピングなどの大規模照明を行う照明のプロフェッショナルです。

照明デザイナーとは

照明デザイナーとは

照明デザイナーは、照明に関するプロダクトデザインや、さまざまな空間演出を行う仕事です。

かつては照明器具自体をデザインすることが照明デザイナーの仕事でしたが、近年では、照明を工夫して空間全体をデザインする仕事が増えてきています。

主に商業施設のライティングや演劇など舞台演出のデザイン、プロジェクションマッピングやイルミネーションにいたるまで、活躍の場は大きく広がっています。

主な就職先は照明器具メーカー、照明デザイン事務所、照明施工会社などで、空間デザイナーや建築士、インテリアコーディネーターなどの資格を持つ人が、業務の一環として照明デザインを担当することもあります。

照明・家具デザイナーの仕事内容

照明デザイナーは、照明器具のデザインを手掛けたり、照明を使った演出をしたりする仕事です。

建物のライトアップやイルミネーション、プロジェクションマッピングなどの照明装飾に携わる時もあり、「ライティングデザイナー」「照明コンサルタント」と呼ばれることもあります。

 

照明デザイナーの主な業務内容

(1)プロダクトデザイン

照明器具そのものをデザインするプロダクトデザインでは、見た目と機能性を備えた利用しやすい照明をデザインすることが求められます。

(2)演出照明

コンサートやミュージカル、舞台などの舞台演出照明では、さまざまなシーンを作品や演出家の意図にった舞台照明をつくります。

(3)照明空間デザイン

商業施設や駅、街灯、イルミネーションといった照明空間デザインでは、さまざまなライフスタイルやニーズに合ったデザインを追求します。

 

照明デザイナーの就職先

照明デザイナーは、おもに照明器具メーカー、照明デザイン事務所、照明施工会社などで働いています。

インテリア照明のデザインを手掛けたい場合はインテリア業界、建築物や都市照明を手がけたい方は建築業界へ就職するのが有利です。

近年は照明デザイナーの仕事の幅が広がりつつあり、インテリアとしての照明器具のデザインのみならず、演出設計までを任されることが増えてきています。

今後、照明の専門家としての活躍の場はより増えていくと考えられます。

照明・家具デザイナーになるには

照明デザイナーの学校

照明デザイナーになるために、必須となる資格や学歴などはありませんが、照明について学びたい場合は、美術や建築、インテリアについて学べる大学や専門学校に行くとよいでしょう。

また、舞台美術や空間デザイン、電気工学なども実務で役立てることができます。

専門学校では、照明について学べるところもあり、家具や照明の歴史、デザインや建築の基礎、色彩感覚など、さまざまな知識を身につけることができます。

 

照明デザイナーのキャリアパス

「照明デザイナー」という名前での求人は少なく、職業としての認知度も低いのが現状です。

多くの人は「空間デザイナー」や「インテリアコーディネーター」、「建築士」として働きながら照明デザインを手掛けています。

まずはアシスタントとして徐々に仕事を覚えながら、照明デザインの専門性を高めていくのが一般的です。

照明器具メーカーや照明デザイン事務所などで経験を積み、独立して仕事をする人もいます。

 

照明デザイナー関連の資格

照明デザイナーの関連資格としては「照明コンサルタント」「照明士」「ライティングコーディネーター」などがありますが、仕事をする上では必須ではありません。

そのほか照明デザインはインテリアや建築と密接にかかわるため、関連した資格を取得しておくことで、さらに仕事の幅が広がるでしょう。

照明デザイナーに
オススメの学科

インテリア科
INTERIOR DESIGN

インテリア科

実物をとおした学びで
インテリアエレメントの理解を深め、人に寄り添った
提案ができるインテリアのスペシャリストになる。

  • オープンキャンパス学校説明会・見学・体験入学など随時募集中!
  • 資料請求学校案内・保護者ガイドをお送りいたします。
  • 入学要項学費について願書・学費・学費サポート・学生寮など