高等教育の修学支援新制度

東京テクニカルカレッジは文部科学省が実施する「高等教育の修学支援新制度」対象校です。

高等教育の修学支援新制度とは

授業料の❶減免(入学金含む)❷給付型奨学金(返還が不要な奨学金)の2つの支援があり、この2つの支援を合わせることで、希望する専門学校・大学等を経済的な理由であきらめていた方も安心して進学し、学ぶことができる新しい制度です。

利用条件
世帯収入の要件を満たしていて、しっかりとした「学ぶ意欲」が確認できれば、高校の成績だけで判断されず支援を受けることができます。
支援の金額はどれくらい?
世帯収入などによって第1区分~第3区分の3段階に分かれ、また、進学先の学校(専門学校・大学等)、自宅から通学するのか自宅外(一人暮らし)から通学するのかによって異なります。

申請スケジュール

5月・6月ごろ

自分が給付金の対象か、JASSOのサイトなどで調べる。

自分が世帯収入要件を満たすか確認したい方はコチラから ▶JASSO「進学資金シミュレーター」

下矢印
7月ごろ

「対象かも」と思ったら、先生に申請書類をもらう。
※高校で予約採用の申し込みができます
※マイナンバーの提出が必要になりますので早めに準備をしてください

JASSOの奨学金申込専用サイト「スカラネット」で申し込む。
※一部書類の提出が必要になります

下矢印
12月~1月ごろ
支援の対象になると通知がJASSOから届きます。
※予約採用の候補者決定通知
下矢印
翌年4月以降
学費を納入し入学します。
「スカラネット」で進学届を提出します。
授業料等減免の申請をします。
給付型奨学金の支給と、減免分の返金手続きがはじまります。
  • 年収の目安
    ●住民税非課税世帯▶年収約270万円未満(第1区分)
    ●それに準ずる世帯▶年収約270万円~300万円未満(第2区分)、年収約300万円~380万円未満(第3区分)

    ❶授業料等減免

    支援内容
    ●入学金と授業料を免除または減額する
    減免上限
    入学金 授業料
    160,000円
    [1回限り]
    590,000円/年
    通常
    1年次 2年次 3年次 4年次 4年間合計金額
    入学金 ¥300,000 - - - ¥4,380,000
    学費 授業料 ¥460,000 ¥460,000 ¥460,000 ¥460,000
    実習費、施設・維持費 ¥560,000 ¥560,000 ¥560,000 ¥560,000
    ¥1,320,000 ¥1,020,000 ¥1,020,000 ¥1,020,000
    減免後
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 1年次 2年次 3年次 4年次 ①4年間の減免後合計金額
    入学金 ¥140,000 - - - ¥2,380,000
    学費 授業料 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
    実習費、施設・維持費 ¥560,000 ¥560,000 ¥560,000 ¥560,000
    ¥700,000 ¥560,000 ¥560,000 ¥560,000
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 1年次 2年次 3年次 4年次 ①4年間の減免後合計金額
    入学金 ¥193,300 - - - ¥3,046,900
    学費 授業料 ¥153,400 ¥153,400 ¥153,400 ¥153,400
    実習費、施設・維持費 ¥560,000 ¥560,000 ¥560,000 ¥560,000
    ¥906,700 ¥713,400 ¥713,400 ¥713,400
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 1年次 2年次 3年次 4年次 ①4年間の減免後合計金額
    入学金 ¥246,600 - - - ¥3,713,000
    学費 授業料 ¥306,600 ¥306,600 ¥306,600 ¥306,600
    実習費、施設・維持費 ¥560,000 ¥560,000 ¥560,000 ¥560,000
    ¥1,113,200 ¥866,600 ¥866,600 ¥866,600

    ❷給付型奨学金

    支援内容
    ●毎月奨学金を支給し、学費やそれ以外の費用の負担を軽減する
    給付額[年額]
    給付額[年額] 自宅通学生 自宅外通学生
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 約459,600円/年 約909,600円/年
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 約307,200円/年 約607,200円/年
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 約153,600円/年 約303,600円/年
    入学金・授業料・学費以外にかかる費用 [研修費・諸経費・教科書代・教材等]
    1年次 2年次 3年次 4年次 4年間の合計金額
    ¥333,580 ¥144,600 ¥127,800 ¥104,600 ¥710,580

    自宅通学生

    自宅通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    4年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    4年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    4年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥2,380,000 ¥3,046,900 ¥3,713,000
    その他費用 ¥710,580 ¥1,252,180 ¥710,580 ¥2,528,680 ¥710,580 ¥3,809,180
    ¥3,090,580 ¥3,757,480 ¥4,423,580
    ②支給額 ¥1,838,400 ¥1,228,800 ¥614,400

    自宅外通学生

    自宅外通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    4年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    4年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    4年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥2,380,000 ¥3,046,900 ¥3,713,000
    その他費用 ¥710,580 ¥0 ¥710,580 ¥1,328,680 ¥710,580 ¥3,209,180
    ¥3,090,580 ¥3,757,480 ¥4,423,580
    ②支給額 ¥3,638,400 ¥2,428,800 ¥1,214,400

    注意 ●基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。●第1回目の学費納入後に減免分が返還され、給付型奨学金も支給開始となります。●年度によって学費、必要経費がかわる場合があります。●授業料等減免は半期ごと(前期・後期)におこなわれます。●進学後は定期的に世帯収入や成績が確認されます。●進学後に真面目に勉強をしなかった等、要件を満たさなくなった場合には支援が打ち切られます。

  • 年収の目安
    ●住民税非課税世帯▶年収約270万円未満(第1区分)
    ●それに準ずる世帯▶年収約270万円~300万円未満(第2区分)、年収約300万円~380万円未満(第3区分)

    ❶授業料等減免

    支援内容
    ●入学金と授業料を免除または減額する
    減免上限
    入学金 授業料
    160,000円
    [1回限り]
    590,000円/年
    通常
    1年次 2年次 2年間合計金額
    入学金 ¥290,000 - ¥2,290,000
    学費 授業料 ¥460,000 ¥460,000
    実習費、施設・維持費 ¥540,000 ¥540,000
    ¥1,290,000 ¥1,000,000
    減免後
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥130,000 - ¥1,210,000
    学費 授業料 ¥0 ¥0
    実習費、施設・維持費 ¥540,000 ¥540,000
    ¥670,000 ¥540,000
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥183,300 - ¥1,570,100
    学費 授業料 ¥153,400 ¥153,400
    実習費、施設・維持費 ¥540,000 ¥540,000
    ¥876,700 ¥693,400
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥236,600 - ¥1,929,800
    学費 授業料 ¥306,600 ¥306,600
    実習費、施設・維持費 ¥540,000 ¥540,000
    ¥1,083,200 ¥846,600

    ❷給付型奨学金

    支援内容
    ●毎月奨学金を支給し、学費やそれ以外の費用の負担を軽減する
    給付額[年額]
    給付額[年額] 自宅通学生 自宅外通学生
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 約459,600円/年 約909,600円/年
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 約307,200円/年 約607,200円/年
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 約153,600円/年 約303,600円/年
    入学金・授業料・学費以外にかかる費用 [研修費・諸経費・教科書代・教材等]
    1年次 2年次 2年間の合計金額
    ¥342,780 ¥155,000 ¥497,780

    自宅通学生

    自宅通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,210,000 ¥1,570,100 ¥1,929,800
    その他費用 ¥497,780 ¥788,580 ¥497,780 ¥1,453,480 ¥497,780 ¥2,120,380
    ¥1,707,780 ¥2,067,880 ¥2,427,580
    ②支給額 ¥919,200 ¥614,400 ¥307,200

    自宅外通学生

    自宅外通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,210,000 ¥1,570,100 ¥1,929,800
    その他費用 ¥497,780 ¥0 ¥497,780 ¥853,480 ¥497,780 ¥1,820,380
    ¥1,707,780 ¥2,067,880 ¥2,427,580
    ②支給額 ¥1,819,200 ¥1,214,400 ¥607,200

    注意 ●基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。●第1回目の学費納入後に減免分が返還され、給付型奨学金も支給開始となります。●年度によって学費、必要経費がかわる場合があります。●授業料等減免は半期ごと(前期・後期)におこなわれます。●進学後は定期的に世帯収入や成績が確認されます。●進学後に真面目に勉強をしなかった等、要件を満たさなくなった場合には支援が打ち切られます。

  • 年収の目安
    ●住民税非課税世帯▶年収約270万円未満(第1区分)
    ●それに準ずる世帯▶年収約270万円~300万円未満(第2区分)、年収約300万円~380万円未満(第3区分)

    ❶授業料等減免

    支援内容
    ●入学金と授業料を免除または減額する
    減免上限
    入学金 授業料
    140,000円
    [1回限り]
    390,000円/年
    通常
    1年次 2年次 2年間合計金額
    入学金 ¥150,000 - ¥1,070,000
    学費 授業料 ¥280,000 ¥280,000
    実習費、施設・維持費 ¥180,000 ¥180,000
    ¥610,000 ¥460,000
    減免後
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥10,000 - ¥370,000
    学費 授業料 ¥0 ¥0
    実習費、施設・維持費 ¥180,000 ¥180,000
    ¥190,000 ¥180,000
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥56,600 - ¥510,000
    学費 授業料 ¥46,700 ¥46,700
    実習費、施設・維持費 ¥180,000 ¥180,000
    ¥283,300 ¥226,700
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥103,300 - ¥649,900
    学費 授業料 ¥93,300 ¥93,300
    実習費、施設・維持費 ¥180,000 ¥180,000
    ¥376,600 ¥273,300

    ❷給付型奨学金

    支援内容
    ●毎月奨学金を支給し、学費やそれ以外の費用の負担を軽減する
    給付額[年額]
    給付額[年額] 自宅通学生 自宅外通学生
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 約459,600円/年 約909,600円/年
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 約307,200円/年 約607,200円/年
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 約153,600円/年 約303,600円/年
    入学金・授業料・学費以外にかかる費用 [研修費・諸経費・教科書代・教材等]
    1年次 2年次 2年間の合計金額
    ¥243,080 ¥118,500 ¥361,580

    自宅通学生

    自宅通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥370,000 ¥510,000 ¥649,900
    その他費用 ¥361,580 ¥0 ¥361,580 ¥257,180 ¥361,580 ¥704,280
    ¥731,580 ¥871,580 ¥1,011,480
    ②支給額 ¥919,200 ¥614,400 ¥307,200

    自宅外通学生

    自宅外通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥370,000 ¥510,000 ¥649,900
    その他費用 ¥361,580 ¥0 ¥361,580 ¥0 ¥361,580 ¥404,280
    ¥731,580 ¥871,580 ¥1,011,480
    ②支給額 ¥1,819,200 ¥1,214,400 ¥607,200

    注意 ●基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。●第1回目の学費納入後に減免分が返還され、給付型奨学金も支給開始となります。●年度によって学費、必要経費がかわる場合があります。●授業料等減免は半期ごと(前期・後期)におこなわれます。●進学後は定期的に世帯収入や成績が確認されます。●進学後に真面目に勉強をしなかった等、要件を満たさなくなった場合には支援が打ち切られます。

  • 年収の目安
    ●住民税非課税世帯▶年収約270万円未満(第1区分)
    ●それに準ずる世帯▶年収約270万円~300万円未満(第2区分)、年収約300万円~380万円未満(第3区分)

    ❶授業料等減免

    支援内容
    ●入学金と授業料を免除または減額する
    減免上限
    入学金 授業料
    160,000円
    [1回限り]
    590,000円/年
    通常
    1年次 2年次 2年間合計金額
    入学金 ¥290,000 - ¥2,290,000
    学費 授業料 ¥460,000 ¥460,000
    実習費、施設・維持費 ¥540,000 ¥540,000
    ¥1,290,000 ¥1,000,000
    減免後
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥130,000 - ¥1,210,000
    学費 授業料 ¥0 ¥0
    実習費、施設・維持費 ¥540,000 ¥540,000
    ¥670,000 ¥540,000
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥183,300 - ¥1,570,100
    学費 授業料 ¥153,400 ¥153,400
    実習費、施設・維持費 ¥540,000 ¥540,000
    ¥876,700 ¥693,400
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥236,600 - ¥1,929,800
    学費 授業料 ¥306,600 ¥306,600
    実習費、施設・維持費 ¥540,000 ¥540,000
    ¥1,083,200 ¥846,600

    ❷給付型奨学金

    支援内容
    ●毎月奨学金を支給し、学費やそれ以外の費用の負担を軽減する
    給付額[年額]
    給付額[年額] 自宅通学生 自宅外通学生
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 約459,600円/年 約909,600円/年
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 約307,200円/年 約607,200円/年
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 約153,600円/年 約303,600円/年
    入学金・授業料・学費以外にかかる費用 [研修費・諸経費・教科書代・教材等]
    1年次 2年次 2年間の合計金額
    ¥370,280 ¥182,500 ¥552,780

    自宅通学生

    自宅通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,210,000 ¥1,570,100 ¥1,929,800
    その他費用 ¥552,780 ¥843,580 ¥552,780 ¥1,508,480 ¥552,780 ¥2,175,380
    ¥1,762,780 ¥2,122,880 ¥2,482,580
    ②支給額 ¥919,200 ¥614,400 ¥307,200

    自宅外通学生

    自宅外通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,210,000 ¥1,570,100 ¥1,929,800
    その他費用 ¥552,780 ¥0 ¥552,780 ¥908,480 ¥552,780 ¥1,875,380
    ¥1,762,780 ¥2,122,880 ¥2,482,580
    ②支給額 ¥1,819,200 ¥1,214,400 ¥607,200

    注意 ●基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。●第1回目の学費納入後に減免分が返還され、給付型奨学金も支給開始となります。●年度によって学費、必要経費がかわる場合があります。●授業料等減免は半期ごと(前期・後期)におこなわれます。●進学後は定期的に世帯収入や成績が確認されます。●進学後に真面目に勉強をしなかった等、要件を満たさなくなった場合には支援が打ち切られます。

  • 年収の目安
    ●住民税非課税世帯▶年収約270万円未満(第1区分)
    ●それに準ずる世帯▶年収約270万円~300万円未満(第2区分)、年収約300万円~380万円未満(第3区分)

    ❶授業料等減免

    支援内容
    ●入学金と授業料を免除または減額する
    減免上限
    入学金 授業料
    160,000円
    [1回限り]
    590,000円/年
    通常
    1年次 2年次 2年間合計金額
    入学金 ¥290,000 - ¥2,350,000
    学費 授業料 ¥460,000 ¥460,000
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥1,320,000 ¥1,030,000
    減免後
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥130,000 - ¥1,270,000
    学費 授業料 ¥0 ¥0
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥700,000 ¥570,000
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥183,300 - ¥1,623,400
    学費 授業料 ¥153,400 ¥146,700
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥906,700 ¥716,700
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥236,600 - ¥1,989,800
    学費 授業料 ¥306,600 ¥306,600
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥1,113,200 ¥876,600

    ❷給付型奨学金

    支援内容
    ●毎月奨学金を支給し、学費やそれ以外の費用の負担を軽減する
    給付額[年額]
    給付額[年額] 自宅通学生 自宅外通学生
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 約459,600円/年 約909,600円/年
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 約307,200円/年 約607,200円/年
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 約153,600円/年 約303,600円/年
    入学金・授業料・学費以外にかかる費用 [研修費・諸経費・教科書代・教材等]
    1年次 2年次 2年間の合計金額
    ¥287,180 ¥98,800 ¥385,980

    自宅通学生

    自宅通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,270,000 ¥1,623,400 ¥1,989,800
    その他費用 ¥385,980 ¥736,780 ¥385,980 ¥1,394,980 ¥385,980 ¥2,068,580
    ¥1,655,980 ¥2,009,380 ¥2,375,780
    ②支給額 ¥919,200 ¥614,400 ¥307,200

    自宅外通学生

    自宅外通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,270,000 ¥1,623,400 ¥1,989,800
    その他費用 ¥385,980 ¥0 ¥385,980 ¥794,980 ¥385,980 ¥1,768,580
    ¥1,655,980 ¥2,009,380 ¥2,375,780
    ②支給額 ¥1,819,200 ¥1,214,400 ¥607,200

    注意 ●基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。●第1回目の学費納入後に減免分が返還され、給付型奨学金も支給開始となります。●年度によって学費、必要経費がかわる場合があります。●授業料等減免は半期ごと(前期・後期)におこなわれます。●進学後は定期的に世帯収入や成績が確認されます。●進学後に真面目に勉強をしなかった等、要件を満たさなくなった場合には支援が打ち切られます。

  • 年収の目安
    ●住民税非課税世帯▶年収約270万円未満(第1区分)
    ●それに準ずる世帯▶年収約270万円~300万円未満(第2区分)、年収約300万円~380万円未満(第3区分)

    ❶授業料等減免

    支援内容
    ●入学金と授業料を免除または減額する
    減免上限
    入学金 授業料
    160,000円
    [1回限り]
    590,000円/年
    通常
    1年次 2年次 2年間合計金額
    入学金 ¥290,000 - ¥2,350,000
    学費 授業料 ¥460,000 ¥460,000
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥1,320,000 ¥1,030,000
    減免後
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥130,000 - ¥1,270,000
    学費 授業料 ¥0 ¥0
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥700,000 ¥570,000
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥183,300 - ¥1,630,100
    学費 授業料 ¥153,400 ¥153,400
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥906,700 ¥723,400
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥236,600 - ¥1,989,800
    学費 授業料 ¥306,600 ¥306,600
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥1,113,200 ¥876,600

    ❷給付型奨学金

    支援内容
    ●毎月奨学金を支給し、学費やそれ以外の費用の負担を軽減する
    給付額[年額]
    給付額[年額] 自宅通学生 自宅外通学生
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 約459,600円/年 約909,600円/年
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 約307,200円/年 約607,200円/年
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 約153,600円/年 約303,600円/年
    入学金・授業料・学費以外にかかる費用 [研修費・諸経費・教科書代・教材等]
    1年次 2年次 2年間の合計金額
    ¥262,180 ¥73,800 ¥335,980

    自宅通学生

    自宅通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,270,000 ¥1,630,100 ¥1,989,800
    その他費用 ¥335,980 ¥686,780 ¥335,980 ¥1,351,680 ¥335,980 ¥2,018,580
    ¥1,605,980 ¥1,966,080 ¥2,325,780
    ②支給額 ¥919,200 ¥614,400 ¥307,200

    自宅外通学生

    自宅外通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,270,000 ¥1,630,100 ¥1,989,800
    その他費用 ¥335,980 ¥0 ¥335,980 ¥751,680 ¥335,980 ¥1,718,580
    ¥1,605,980 ¥1,966,080 ¥2,325,780
    ②支給額 ¥1,819,200 ¥1,214,400 ¥607,200

    注意 ●基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。●第1回目の学費納入後に減免分が返還され、給付型奨学金も支給開始となります。●年度によって学費、必要経費がかわる場合があります。●授業料等減免は半期ごと(前期・後期)におこなわれます。●進学後は定期的に世帯収入や成績が確認されます。●進学後に真面目に勉強をしなかった等、要件を満たさなくなった場合には支援が打ち切られます。

  • 年収の目安
    ●住民税非課税世帯▶年収約270万円未満(第1区分)
    ●それに準ずる世帯▶年収約270万円~300万円未満(第2区分)、年収約300万円~380万円未満(第3区分)

    ❶授業料等減免

    支援内容
    ●入学金と授業料を免除または減額する
    減免上限
    入学金 授業料
    160,000円
    [1回限り]
    590,000円/年
    通常
    1年次 2年次 2年間合計金額
    入学金 ¥290,000 - ¥2,350,000
    学費 授業料 ¥460,000 ¥460,000
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥1,320,000 ¥1,030,000
    減免後
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥130,000 - ¥1,270,000
    学費 授業料 ¥0 ¥0
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥700,000 ¥570,000
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥183,300 - ¥1,630,100
    学費 授業料 ¥153,400 ¥153,400
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥906,700 ¥723,400
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥236,600 - ¥1,989,800
    学費 授業料 ¥306,600 ¥306,600
    実習費、施設・維持費 ¥570,000 ¥570,000
    ¥1,113,200 ¥876,600

    ❷給付型奨学金

    支援内容
    ●毎月奨学金を支給し、学費やそれ以外の費用の負担を軽減する
    給付額[年額]
    給付額[年額] 自宅通学生 自宅外通学生
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 約459,600円/年 約909,600円/年
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 約307,200円/年 約607,200円/年
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 約153,600円/年 約303,600円/年
    入学金・授業料・学費以外にかかる費用 [研修費・諸経費・教科書代・教材等]
    1年次 2年次 2年間の合計金額
    ¥275,640 ¥87,860 ¥363,500

    自宅通学生

    自宅通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,270,000 ¥1,630,100 ¥1,989,800
    その他費用 ¥363,500 ¥714,300 ¥363,500 ¥1,379,200 ¥363,500 ¥2,046,100
    ¥1,633,500 ¥1,993,600 ¥2,353,300
    ②支給額 ¥919,200 ¥614,400 ¥307,200

    自宅外通学生

    自宅外通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,270,000 ¥1,630,100 ¥1,989,800
    その他費用 ¥363,500 ¥0 ¥363,500 ¥779,200 ¥363,500 ¥1,746,100
    ¥1,633,500 ¥1,993,600 ¥2,353,300
    ②支給額 ¥1,819,200 ¥1,214,400 ¥607,200

    注意 ●基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。●第1回目の学費納入後に減免分が返還され、給付型奨学金も支給開始となります。●年度によって学費、必要経費がかわる場合があります。●授業料等減免は半期ごと(前期・後期)におこなわれます。●進学後は定期的に世帯収入や成績が確認されます。●進学後に真面目に勉強をしなかった等、要件を満たさなくなった場合には支援が打ち切られます。

  • 年収の目安
    ●住民税非課税世帯▶年収約270万円未満(第1区分)
    ●それに準ずる世帯▶年収約270万円~300万円未満(第2区分)、年収約300万円~380万円未満(第3区分)

    ❶授業料等減免

    支援内容
    ●入学金と授業料を免除または減額する
    減免上限
    入学金 授業料
    160,000円
    [1回限り]
    590,000円/年
    通常
    1年次 2年次 2年間合計金額
    入学金 ¥290,000 - ¥2,370,000
    学費 授業料 ¥460,000 ¥460,000
    実習費、施設・維持費 ¥580,000 ¥580,000
    ¥1,330,000 ¥1,040,000
    減免後
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥130,000 - ¥1,290,000
    学費 授業料 ¥0 ¥0
    実習費、施設・維持費 ¥580,000 ¥580,000
    ¥710,000 ¥580,000
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥183,300 - ¥1,650,100
    学費 授業料 ¥153,400 ¥153,400
    実習費、施設・維持費 ¥580,000 ¥580,000
    ¥916,700 ¥733,400
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥236,600 - ¥2,009,800
    学費 授業料 ¥306,600 ¥306,600
    実習費、施設・維持費 ¥580,000 ¥580,000
    ¥1,123,200 ¥886,600

    ❷給付型奨学金

    支援内容
    ●毎月奨学金を支給し、学費やそれ以外の費用の負担を軽減する
    給付額[年額]
    給付額[年額] 自宅通学生 自宅外通学生
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 約459,600円/年 約909,600円/年
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 約307,200円/年 約607,200円/年
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 約153,600円/年 約303,600円/年
    入学金・授業料・学費以外にかかる費用 [研修費・諸経費・教科書代・教材等]
    1年次 2年次 2年間の合計金額
    ¥300,180 ¥104,000 ¥404,180

    自宅通学生

    自宅通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,290,000 ¥1,650,100 ¥2,009,800
    その他費用 ¥404,180 ¥774,980 ¥404,180 ¥1,439,880 ¥404,180 ¥2,106,780
    ¥1,694,180 ¥2,054,280 ¥2,413,980
    ②支給額 ¥919,200 ¥614,400 ¥307,200

    自宅外通学生

    自宅外通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,290,000 ¥1,650,100 ¥2,009,800
    その他費用 ¥404,180 ¥0 ¥404,180 ¥839,880 ¥404,180 ¥1,806,780
    ¥1,694,180 ¥2,054,280 ¥2,413,980
    ②支給額 ¥1,819,200 ¥1,214,400 ¥607,200

    注意 ●基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。●第1回目の学費納入後に減免分が返還され、給付型奨学金も支給開始となります。●年度によって学費、必要経費がかわる場合があります。●授業料等減免は半期ごと(前期・後期)におこなわれます。●進学後は定期的に世帯収入や成績が確認されます。●進学後に真面目に勉強をしなかった等、要件を満たさなくなった場合には支援が打ち切られます。

  • 年収の目安
    ●住民税非課税世帯▶年収約270万円未満(第1区分)
    ●それに準ずる世帯▶年収約270万円~300万円未満(第2区分)、年収約300万円~380万円未満(第3区分)

    ❶授業料等減免

    支援内容
    ●入学金と授業料を免除または減額する
    減免上限
    入学金 授業料
    160,000円
    [1回限り]
    590,000円/年
    通常
    1年次 2年次 2年間合計金額
    入学金 ¥290,000 - ¥2,370,000
    学費 授業料 ¥460,000 ¥460,000
    実習費、施設・維持費 ¥580,000 ¥580,000
    ¥1,330,000 ¥1,040,000
    減免後
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥130,000 - ¥1,290,000
    学費 授業料 ¥0 ¥0
    実習費、施設・維持費 ¥580,000 ¥580,000
    ¥710,000 ¥580,000
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥183,300 - ¥1,650,100
    学費 授業料 ¥153,400 ¥153,400
    実習費、施設・維持費 ¥580,000 ¥580,000
    ¥916,700 ¥733,400
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 1年次 2年次 ①2年間の減免後合計金額
    入学金 ¥236,600 - ¥2,009,800
    学費 授業料 ¥306,600 ¥306,600
    実習費、施設・維持費 ¥580,000 ¥580,000
    ¥1,123,200 ¥886,600

    ❷給付型奨学金

    支援内容
    ●毎月奨学金を支給し、学費やそれ以外の費用の負担を軽減する
    給付額[年額]
    給付額[年額] 自宅通学生 自宅外通学生
    第1区分(世帯年収約270万円未満の場合) 約459,600円/年 約909,600円/年
    第2区分(世帯年収約270万円~300万円未満の場合) 約307,200円/年 約607,200円/年
    第3区分(世帯年収約300万円~380万円未満の場合) 約153,600円/年 約303,600円/年
    入学金・授業料・学費以外にかかる費用 [研修費・諸経費・教科書代・教材等]
    1年次 2年次 2年間の合計金額
    ¥298,180 ¥102,000 ¥400,180

    自宅通学生

    自宅通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,290,000 ¥1,650,100 ¥2,009,800
    その他費用 ¥400,180 ¥770,980 ¥400,180 ¥1,435,880 ¥400,180 ¥2,102,780
    ¥1,690,180 ¥2,050,280 ¥2,409,980
    ②支給額 ¥919,200 ¥614,400 ¥307,200

    自宅外通学生

    自宅外通学生 減免+給付型奨学金を利用した場合
    第1区分
    (世帯年収約270万円
    未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第2区分
    (世帯年収約270万円~300万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    第3区分
    (世帯年収約300万円~380万円未満の場合)
    2年間の
    最終的な
    自己負担額
    ①(減免後の)入学金+学費 ¥1,290,000 ¥1,650,100 ¥2,009,800
    その他費用 ¥400,180 ¥0 ¥400,180 ¥835,880 ¥400,180 ¥1,802,780
    ¥1,690,180 ¥2,050,280 ¥2,409,980
    ②支給額 ¥1,819,200 ¥1,214,400 ¥607,200

    注意 ●基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。●第1回目の学費納入後に減免分が返還され、給付型奨学金も支給開始となります。●年度によって学費、必要経費がかわる場合があります。●授業料等減免は半期ごと(前期・後期)におこなわれます。●進学後は定期的に世帯収入や成績が確認されます。●進学後に真面目に勉強をしなかった等、要件を満たさなくなった場合には支援が打ち切られます。

高等教育の修学支援新制度Q & A

  • Q1どういう人が
    対象になりますか?

    世帯収入・学修意欲などの要件を満たす人です。支援対象となるかどうかは、日本学生支援機構(JASSO)が審査し、その結果を年末・年明け前後までにお知らせする予定です。

  • Q2成績がよくないと
    支援を受けられないのですか?

    高校等の成績にそれほど自信がなくても、レポートの提出や高校等による面接などにより、学修意欲や進学目的が認められると申請できます。高校の先生としっかり相談してください。なお、進学後は真面目に勉強する必要があります。

  • Q3手続きをおこなう際に
    準備しておくことはなんですか?

    申請の際には本人および生計を維持している人(保護者)のマイナンバーの提出が必要になります。
    マイナンバーカードもしくは通知カードがあるか事前に確認しておきましょう。

  • Q4入学前に使える支援制度は
    ありますか?

    以下の内容をご確認ください。

    • 【入学金、授業料】一括毎月・無利子

      ・生活福祉資金貸付制度【教育支援資金】(都道府県社会福祉協議会)

    • 【入学金・学費・その他対象】一括・有利子

      ・国の教育ローン(日本政策金融公庫)

    • 【入学金、授業料】一括・有利子

      ・労働金庫(ろうきん)の入学時必要資金融資

    ※すでに進学先に納入済のものは対象になりません。

「高等教育の修学支援新制度」文科省特設サイト http://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm

詳しいお問い合わせ
日本学生支援機構 奨学金相談センター
TEL:0570-666-301(月~金、9時~20時)
※土・日・祝日、年末年始を除く ※通話料がかかります。
▶お電話の前に、まずは特設サイト「高等教育の修学支援新制度」をご確認ください。
保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。