建築 監督

工事現場において施工業者や職人と協力しながら、品質管理や安全管理、進捗管理などを行い、建築物が設計図どおりに建築されているか監督する仕事です。

建築 監督とは

建築 監督とは

建築における監督とは主に「現場監督」のことを指し、建設現場の最高責任者です。

建築監督は、建設現場で工程や品質を管理し、安全に作業ができるように職人に対して指示を行います。

建築の工事現場を仕切るためには知識や技術を持った人が必要であるため、建築士資格を求められることも多いです。

担当する建設工事の種類や規模は、勤務先により異なり、「施工管理者」「現場責任者」などと呼び方が異なることもあります。

建築監督は近年需要が急増しているのに対し、実際に働いている人数は少なく、さらに高齢化が進んでいることから、若い世代の需要が高まっています。

とくに即戦力が不足しているため、建築士などの資格を保有していると就職や転職でより有利になります。

建築 監督の仕事内容

建築 監督の主な業務内容

主に以下のような業務を行います。

  • 工程管理:工期内の終了を目指し、進捗状況やスケジュールを管理する
  • 安全管理:職人や作業員の安全を確保し、労働環境を整備する
  • 予算管理:人件費や資材費が予算内におさまるように管理する
  • 品質管理:設計図や仕様書のとおりに作業が進んでいるかを確認する

 

基本的にはマネジメント業務のみで、現場で自ら作業することはありません。

一方で、日々変わる天候や進捗状況を把握しながら、さまざまなトラブルに対処しなくてはならないため、常に冷静で柔軟な対応が求められます。

 

建築 監督の勤務先

建築監督が担当する建設工事は、おもに「建築工事」や「土木工事」があります。

建築工事では、ビルや商業施設、一般住宅、学校や病院などの公共物など建設し、土木工事は道路や橋、鉄道や河川などの主にインフラ整備に関わります。

建築を手掛ける場合は、ゼネコン、工務店、ハウスメーカー、リフォーム会社などが主な勤務先となります。

 

建築 監督のキャリアパス

建築監督は、いくつかの現場を掛け持つこともあり、多くの現場経験を積みながらキャリアアップしていきます。

建築現場において施工業者や職人と協力し、現場の調整や問題の解決を行うことが求められるほか、多くの職人や業者をまとめなくてはなりません。

そのためミスや事故を防ぐためにも積極的にコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことが大切です。

建築 監督になるには

建築 監督関連の資格

建築監督になるためには特別な資格は必要なく、実務経験だけでも仕事をすることはできます。

しかし、公共工事の入札に関連する経営事項審査では、多くの有資格者が在籍する建設業者の方が優遇されるため、関連資格を取得しておくとより有利になります。

そのため多くの建築監督は「建築施工管理技士」の資格を取得しています。

とくに建築施工管理技士は会社が取得を奨励しているところも多く、資格取得をバックアップしてくれる会社も多くあります。

学歴は必須ではありませんが、最終学歴によって受験するために必要な条件が異なり、

それぞれに実務経験年数が設定されています。

そのため、取得にはまず建築系の会社で一定期間の実務経験を得ることからスタートします。

試験は1級、2級があり、いずれも学科試験と実地試験の両方に合格しなくてはなりません。

 

建築 監督の学校

建築監督になるには、建築系の大学や専門学校への進学が有利です。

専門学校で学ぶメリットとしては、建築業界への多くのパイプを持っている学校が多いことです。

現場と連携したカリキュラムを設定しているところも多いため、即戦力として企業へ就職できたり、東京や大阪などの大手企業への就職をあっせんしてくれたりします。

また、大学の建築科と比べると専門課程を学ぶ時間が多いこと、在学中に一級建築士や1 級建築施工管理技士などの資格取得を目指せる学校も多いことも特徴としてあげられます。

建築 監督に
オススメの学科

建築監督科
ARCHITECTURAL DIRECTOR

建築監督科

4年間で実践力を身につけ、
建築現場の最高責任者を目指す。

建築科
ARCHITECTURE

建築科

1年次から実務レベルのデジタルスキルを身につけ、
幅広い職種を目指す。

建築科(夜間 建築士専科)
ARCHITECTURE 〈EVENING〉

建築科(夜間 建築士専科)

建築・インテリア業界で活躍するためのスキルと資格を
取得し、キャリアアップ・キャリアチェンジを叶える。

  • オープンキャンパス学校説明会・見学・体験入学など随時募集中!
  • 資料請求学校案内・保護者ガイドをお送りいたします。
  • 入学要項学費について願書・学費・学費サポート・学生寮など