卒業生の声

学科で絞り込む

2015年03月卒業

神奈川県立厚木北高等学校出身

スタジアムをつくってみたい…
そんな思いもきっかけに

 親が工務店を経営していて、現場にも何度か連れて行ってもらったこともあり、その影響で建築に携われる仕事をやってみたいという想いが徐々に育まれていきました。それとサッカーが好きだったので、試合の観戦でスタジアムに行くうちに、人が多く集まる施設をつくってみたいという想いも芽生えたんです。

 一級建築士という資格を取ることが、ひとつの目標で、それに「一番近い学校はここだ!」と思ったのが入学の決め手でした。授業もそうですが、現場実習など実学の機会をたくさん得られたのは大きかったです。また、先生方との距離が近く、色々な相談にも乗っていただき、本当に恵まれた環境だったと思います。


建物が完成したときの達成感はたまらないほど大きい

 入社して4 年目ですが、施主さんと設計さんが密に相談してつくった設計図をいただき、その意図を組み取りながら、建てていくという仕事をしています。工事の現場では安全管理や工程管理などをして報告書を作成するなど、現場管理の仕事をしています。

 学校でゼネコンについて詳しく学べていたので、スムーズに仕事を始められました。監督の仕事は大変ですが、建物が完成したときは、この仕事を選んでよかったと心から思える瞬間です。

 建築の現場というと3Kのイメージがまだあると思いますが、最近では働き方の改善も進んでいます。これから進路を考える方たちも、大きな志を持って安心して監督の仕事を目指してほしいと思います。


保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。