卒業生の声

学科で絞り込む

2019年03月卒業

私立龍谷大学法学部出身

興味を持ったのは社会人1年生の時

大学を卒業して最初に就職した職場では、身体を使うことがメインの業務に携わっていました。建築に興味を持ったのは社会人1年生のときで、仕事で建築の図面を目にした際、今の仕事より自分に向いているのではないかと思ったのがきっかけです。

建築業界に転職をするなら建築士の資格を取ったほうが有利ですし、以前の勤務先は建築士の資格があればキャリアアップにつながる職場でした。資格を取得しておけば、どちらに転んでもいいと思い、働きながら学校に通う選択をしましたが、ネックになったのは隔日勤務という形態でした。

卒業後も前職を続けるのか、建築業界に進むのか、進むならどのような職種が自分に合っているかなど、先生には何度も相談に乗ってもらいました。

結果、転職して今は中野積算で積算の仕事をしています。自分が携わった結果が目に見えてわかるのは、この仕事の醍醐味です。前職より自分に合っている点でも、転職して良かったと思っています。


毎日通えなくても卒業できる!

仕事帰りに毎日学校へ通うことが難しい場合でも、卒業することができるだろうか。いろいろ調べた結果、東京テクニカルカレッジの建築科夜間では、自分と同じような働き方をしている人もちゃんと卒業していると知りました。それが決め手となり、社会人2年目の春に入学。身体的にはきついこともありましたが、カリキュラムやテストの受け方、単位の取り方が考慮されていて、仕事との両立も問題ありませんでした。


2015年03月卒業

東京都立秋留台高等学校出身

思い出深いのは卒業制作

 建築に興味を持つようになったのは、初めて東京ミッドタウンを目にした時、その存在感と雰囲気に惹かれたことがきっかけでした。

 建築科には3Dのモデリングソフトを使い、小さなものから最終的には建物のデザインをおこなう授業があります。私はそれをうまく使えるようになりたくて、時間を見つけては勉強し、1年次の後半頃にはイメージどおりのものをCGで表現できるようになりました。

 卒業制作ではそのソフトで工芸品に着目した店舗をデザインし、商業施設をつくりました。自分でもいいものができたと納得できる自信作になり、学生時代の印象深い思い出になっています。

視野を広げて行動するのが大事

 卒業後は水澤工務店で施工管理や現場の工程、作業の安全などを管理する現場監督をしています。私が今、携わっている現場は、完成までに1年以上かかる高級注文住宅で、建築家のこだわりや通常の住宅とは違う高度な技術を要するイレギュラーな要素が散りばめられています。ときには壁にぶつかることもあり、乗り越えるのは容易ではありません。切磋琢磨の末に施工が完了したときは、達成感というより無事にゴールにたどり着いた安心感のほうが強いように思います。

 今は漠然と建築物が好きという人も、好きなものを見て、探していくうち、自分はこういう建築が好きなんだ、自分は空間が好きなんだというように好きの方向が見えてきます。視野を広げて行動することはとても大事です。それは自分の可能性を広げることにもつながっていくと感じています。

2013年03月卒業

東京都立総合工科高等学校出身

学校での学びが役に立っている

自分はいま、株式会社フジタで施工管理の仕事をしています。入社後、初の現場ではコンクリート工事について深く知る機会があり、現在の現場では建物一棟を担当しているため、すべての工程について学ぶ機会に恵まれました。経験したことのない担当工事では不安もありますが、東京テクニカルカレッジで多くの知識を身につけることができたために作業方法などをイメージしやすく、学校で学んだことの一つひとつが現場のさまざまな場面で役立っていると感じています。

大手を狙えるのがこの学校の利点

東京テクニカルカレッジに入学したのは、深く長く学べる4年制だったことが決め手でした。建築について専門的に学んだことは自分の誇りで、知識量は同期の誰にも負けない自信があります。現場監督として現場に立つときも深掘りして学んできた分、スタートラインが違うことを実感しています。

大手企業を就職先の目標に設定できる専門学校は限られていますが、東京テクニカルカレッジにはそのチャンスがあるのが大きな利点です。正直にいうと、自分もこの学校に入っていなかったら、フジタに入社できていなかっただろうと思っています。

将来の目標としては、ひとつの区切りとして所長になることです。そのためには、工事の担当を一人で全うできるようになることがまず第一。そして、知識、判断力、決断力を磨き、現場で起きた問題をその場で解決できる力を極めていきたいと思っています。

2018年03月卒業

東京都立六本木高等学校出身

みんなで
教え合える環境が

高校時代、情報系の授業でWebサイトをつくったときに、画面上での「ものづくり」が純粋に楽しく、情報処理という分野に興味を持ちました。東京テクニカルカレッジ情報処理科の魅力は、ITについてまったくわからないところから、わかるまで先生や先輩が教えてくれるところ。クラスメイトや先輩方とも打ち解けやすく、学んだ技術を教え合える環境も魅力です。

苦手だったのはプログラムのロジックを考える上で必須といえるアルゴリズムの課題でした。自分ひとりでは諦めていたかもしれませんが、先生やクラスメイトの協力のおかげで勉強を続けることができました。

いまの就職先を選んだ決め手は、上流工程から下流工程まで経験できることから、自分の成長につながり、長く勤めることができると感じたから。現在の主な業務は、ソフトウェア改修後のテスト作業。ソースコードからプログラムの動きと役割を考えるときなどに学校で学んだ知識が活かされていると感じます。

IT業界は変化が早い
学生時代にチャレンジを!

IT業界は変化の早い業界です。いまの業務で使われている技術がわかるからといって油断しているとあっという間に置いていかれてしまうため、日々の勉強も欠かせません。

高校生の皆さんに伝えたいのは、学生のうちにいろいろなことにチャレンジしてほしいということ。学生のほうがチャレンジするハードルが低いですし、チャンスも多い。社会人になって後悔しないように、ぜひ全力で向き合ってみてください。


保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。