IT系学科診断を2秒で!

IoT+AI科

2年制/専門士

IoTエンジニアになる

“ものづくり”の最先端技術をとおし、
社会・企業を豊かにするIoTエンジニアになれる学科

IoT(Internet of Things)とは、
モノ(コンピュータ、機械など)に
センサーをつけ、
センサーが取得した
情報をネットワーク等を介し、
可視化して問題解決に導くこと。
より便利で安全な社会を実現するために、
IoTデバイスの設計・開発など、
ものづくりのノウハウを学びます。

IoTエンジニアとは?

現在わたしたちは、さまざま々な技術に支えられて生活しています。その技術は高度化され、便利になっていると同時に危険性も高まっています。また、世界的には、地球環境が永く続くための取り組みである「SDGs」も重要な位置づけとなっています。そのような社会のなかで重要な役割を担うのが、IoT エンジニア。高度になった「センサー技術」「通信技術」「コンピュータ技術」「機械製品」と「過去・現在のデータ」をうまく融合させ、人々が安全かつ便利に生活できる環境をつくります。

私たちは、<IoT+AI科>の
カリキュラムを高く評価しています

ー当科教育課程編成委員の声ー

技術力とともに、実践力を養う

IoT開発の現場では、新技術・サービスの変化に対応する柔軟性や応用力、世の中の流れを読み取る力、お客様ニーズを捉える感受性や積極性が強く求められています。求められるものは広範囲ですが、自己成長のためにもチャレンジしがいのあるフィールドです。東京テクニカルカレッジの新科のカリキュラムは、実技・実践を身につけることに重きを置いています。是非、技術力とともに将来の実践力を養う場としてほしいと思います。

高堂 博司さん 株式会社ミライト
みらい開発本部
フロンティアサービス推進本部
フロンティアサービス推進部 部門長
高堂 博司さん
渡邊 和彦さん ITbookテクノロジー株式会社
取締役副社長
デジタルテクノロジー事業本部長
一般社団法人体験設計支援コンソーシアム 副代表理事
一般社団法人みんなのIoTコンソーシアム 理事
渡邊 和彦さん

「もっと便利に」を実現するIoTエンジニアに

IT業界は非常にエキサイトな業界です。日々新しい技術が出てきてはそれを活用したイノベーションがどんどん生まれる世界です。当科の実践的なカリキュラムでIoTに関する技術を学び、「こんなモノがあればもっと便利なのに」を実現できるエンジニアを目指してほしいと思います。

IoTエンジニアになるためのカリキュラム

技術力とビジネス力が、2年間で
しっかり身につくカリキュラム

当校で育成する loTエンジニア

2年間で真のIoTエンジニアへ
当校ならではの実践的な学び
基礎
IoTシステムに必要なプログラム・デバイス・ネットワークセキュリティ・データ管理を学びます。
応用
第一線の企業講師のもと、グループで問題発見から設計、開発、可視化による解決まで一貫しておこないます。

当校ならではのIoTの学び

3つのプログラミング技術(C言語、Java、Python)を学び、
多くの制作活動をこなしてさまざまな課題解決を可能にします。

コンピュータ・教養

コンピュータの基礎技術(ソフトウェア&ハードウェアの仕組み)およびIoT を支える産業全般について学びます。

プログラム技術+AI 技術

大きく3つのプログラミング技術を学びます。1つ目は、IoTの中枢となるC言語を使った制御技術の学習です。センサー情報を処理しアウトプットできる技術を学びます。2つ目は、Webアプリケーション技術です。IoTの目的には、「可視化」があります。Java言語を使ったWebアプリケーション技術を学んで可視化する技術を学びます。3つ目は、AIの一部である機械学習をおこなうためのPython言語です。統計手法を利用して機械学習の基本を学びます。

データベース

IoTでは、センサーから取り入れた情報、処理をした結果の情報を管理する必要があります。そのためには、データベースの技術が不可欠です。データ操作技術、データベース設計技術を中心に学習します。またNoSQL型のデータベースも学びます。

ネットワーク+セキュリティ

ネットワークもIoT を支える技術です。通信制御、インターネット、セキュリティについて学び、モノとモノを結ぶ仕組み、データの送受信、サーバー技術、クラウド技術について学びます。

センサー+回路

現在、さまざまなセンサーが活用されています。温度・湿度・光・音・距離・人感などさまざまなセンサーに触れ、その特性や用途を理解しつつ、センサーを使った回路技術を学んでいきます。アナログ、デジタル回路の基本を理解し、簡単な回路がつくれるスキルを修得します。

IoT開発

実際のIoT開発は、問題発見から始まります。どのような問題をIoTでどう解決していくかも含め、 IoTシステムの設計・開発・制御・可視化までトータル的におこなうことができる技術要素を学びます。

RJP( リアルジョブプロジェクト)

実際の企業課題、社会課題をテーマにグループで解決できるIoTシステムを構築していきます。さまざまな実例に触れ、自分たちで最適な解決策を考え、実モデルを開発します。最終的には、プラットフォーム上にダッシュボードとして表現できるようにします。企業連携でプロのIoT技術者指導のもと、学習していきます。

現場のニーズに即した実践的な
カリキュラム

当科のカリキュラムは、IoTや組み込み技術を手掛ける企業様と当校が共同で作成。一線で活躍するIoT技術者の方々にも高く評価され、実務に即したこのカリキュラムは、自信を持って学生に提供できる内容となっています。カリキュラムは「プログラム+AI」「データベース」「ネットワーク&セキュリティ」「IoT開発」「センサー回路」で構成されています。課題をIoT技術でトータル的に解決するとともに可視化し、人に伝えることができる人材を育成します。

風力データを蓄積し送信する装置
風力を測定する装置

注目の授業

IoTデータを使った制御プログラミングと
可視化プログラミング
Javaのコード

IoTはプログラミングによって実現するため、入力・処理・出力(制御)するプログラム、さらには人間にフィードバックするWebアプリケーションのプログラム技術を学びます。

マイコンボードにアナログ・デジタルの
基本回路を組み込み、IoTハードウェアをつくる
マイコンボードと回路図

世の中にある色々なセンサー、信号を回路を使って読み取り、プログラミング処理したのち、回路を使って出力したり、ネットワークやPCなどを使って出力するスキルを身につけます。

loTの学び方

徐々に高度になる課題をとおして、楽しくわかりやすく学ぶ

まずは、IoTの事例に触れ、IoTを理解する。その上で、必要な基礎技術を学びながら最終的には、AIを含めた高度なIoTにチャレンジする。

loTの事例

導入期
IoTの事例から学ぶ。どうつくられていて、どんな技術が必要?

loTの基本

基礎期
IoTに必要なセンサー、デバイス、プログラミング、データベース、ネットワークの基礎を学ぶ。
(小さいIoTをつくる)

身近なloT

応用期
基礎で習ったことを踏まえて、身近で課題を発見し、自分たちでIoTをつくって解決。

高度なloT

成熟期
AIや見える化を意識し、社会・業界の課題を高度なIoT技術で解決。

こんな技術者になれる!

社会、業界(クルマ、医療健康、建築・建設、環境、バイオ)における、さまざまな問題をIoT 技術によって解決していける技術者になれます。
各場面でおきている問題を発見し、ものづくりによる解決手段を模索し、解決に必要な技術を融合させながら目に見える形で、表現(機械の自動操作、状況を見える化)できる技術者になれます。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)で回路チェック中 ‘小’から‘大’へと多くの制作活動をグループワークをとおして課題解決ができるIoT エンジニアを目指します。

これからはDXが主流の時代に

DXとは、デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略で、データとデジタル技術を駆使して社会・ビジネス・製品・サービスを変革していくことです。簡単に言うと過去・現在のデータを分析し、その結果をもとに未来を変えていくことです。そのDXの中心技術がデータサイエンスやIoTになります。

用語集

ディープラーニング
機械学習に関する研究の一領域であり、データを利用して複雑な抽象概念をモデル化します。
機械学習
人工知能の一系統であり、数学的アルゴリズムと自動処理という2つの技術に基づいています。
  • セコム株式会社/オムロン株式会社/オリンパス株式会社/花王株式会社/ライオン株式会社/株式会社ミライト/栗田工業株式会社/チームラボ株式会社/清水建設株式会社/ITbookテクノロジー株式会社/トヨタ自動車株式会社/ダイキン工業株式会社/NECグループ/NTTグループ/日立グループ など

  • IoT検定/基本情報技術者/Oracleマスター(ブロンズ)/アジャイル検定/G検定/E資格/Microsoft Office Specialist(MOS、Excel)/ビジネス能力検定(B検)ジョブパス/情報検定(J検) など

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。