専門学校のココがすごい!

BLOG

学校のいまを知る

学科を選択

2023.02.03

バイオテクノロジー科

2022年度 中級バイオ技術者認定試験 合格率90.5% 成績優秀者も選出!(東京テクニカルカレッジ バイオテクノロジー科)〔114〕

2022年度 第31回 中級バイオ技術者認定試験※1が昨年12月18日(日)に実施されました。

バイオ技術者認定試験(以下 バイオ試験)とは、バイオテクノロジーの基盤となる化学や生物学の知識を持ち、実験を適切・安全に行う能力を認定する試験です。毎年、東京テクニカルカレッジ(TTC)のバイオテクノロジー科(以下 バイオ科)ではバイオ技術を2年間学んだ2年生全員がこの資格試験の中級にチャレンジしています。

※1 バイオ技術者認定試験は日本バイオ技術教育学会が実施している認定試験です。

スクリーンショット 2023-02-02 141609

中級バイオ試験は「バイオテクノロジー総論」「生化学」「微生物学」「分子生物学」「遺伝子工学」の5科目からなります。午前の90分で「バイオテクノロジー総論」「生化学」を、午後の90分で「微生物学」「分子生物学」「遺伝子工学」を受験します。


1月中旬に認定試験の合否が日本バイオ技術教育学会のホームページに掲載されました。

第31回 中級バイオ試験は、受験者数が1448人のうち合格者は1104名でした。

TTCバイオテクノロジー科の合格率は90.5%。全国平均が76.2%ですので大健闘です。

しかも、今年度はこの認定試験における成績優秀者がバイオ科の学生から選ばれました。優秀賞は、全科目ほぼ満点に近い点数をとらないと選ばれませんから、とてもすばらしい成果です。

スクリーンショット 2023-02-02 141716

「体調不良であまり勉強できなかったため、バイオ科の直前対策講座※2で行った過去問題に絞り込み、これを3~4回繰り返しました。よい結果を頂けたのは学校の対策授業のおかげです。また、「遺伝子工学」は実習でやった内容が多く出題されるので試験勉強の必要があまりありませんでした。これもTTCバイオ科で学んだ強みだと感じてます。」と受賞者の日吉さん。

バイオ技術者としての技術と知識がどちらも身についているのですから鬼に金棒!日吉さん、本当におめでとうございます。


また、今回の中級バイオ試験では、バイオ科の1年生も数名受験しました。高校時代に初級バイオ技術者認定試験に合格していたので、このタイミングで中級バイオ試験にチャレンジしたのです。その結果、みごと合格。「2年生では上級バイオ技術者認定試験を取得したい!」と意欲満々です。期待していますよ。

上級バイオ試験と言えば、本校の卒業生が2008年バイオ研究科に在学中に上級バイオ技術者認定試験を受験し全国1位の成績で合格しています。

詳細はこちらのブログ

バイオ技術者認定試験は、バイオ技術者として必要な知識がしっかり身についていることを証明するとても意義ある資格試験です。来年度も合格率90%以上を目指して、日々の授業で技術と知識を磨いていきましょう。


※2 バイオテクノロジー科の直前対策講座

TTCバイオ科では、中級バイオ技術者認定試験の3日前に、資格試験勉強の総仕上げとして5科目の過去問題等を解きまくる直前対策講座を設けています。1科目あたりの問題数はなんと90問!過去15年の試験で出題頻度の高い分野の過去問題や、講師がオリジナルで作成した問題を合わせた90問を30問ずつ冊子にまとめています。これをひたすら解いていきます。

スクリーンショット 2023-02-02 235709

直前対策は9時20分にスタートします。当日の試験に合わせ、まず「バイオテクノロジー総論」の1冊目の30問を解き始めます。終わった人から自己採点。間違った箇所を解き直し、わからないところは講師に質問するか、自分で調べます。全問解いて理解が深まったら、2冊目の30問に取りかかります。そして、再び自己採点。この正答率が、7割以上(21点以上)だったらその科目は合格です。次の「生化学」の冊子にすすみます。

しかし、7割に満たなかった学生は、再度解き直し、講師の講習を受けて「バイオテクノロジー総論」3冊目の30問にチャレンジします。この流れで5科目分の問題を解いていくので、早い人でも全部終わるのに4時間はかかる過酷な特訓講座です。


中級バイオ技術者認定試験関連ブログのバックナンバー

実験技術と知識の両方身につけたら無敵! 中級バイオ技術者認定試験の活用法


東京テクニカルカレッジ バイオテクノロジー科講師紹介

バイオ科ブログのバックナンバーはこちら

バイオ科 公式Twitter 毎日更新中♪

バイオテクノロジー科 公式 (@TTCbio)

バイオ科の学生Twitterは毎週金曜日更新☆

RJP学生 広報部Twitter(@BioRJP)


文責:宮ノ下いずる


2023.01.20

バイオテクノロジー科

『就活は自分と向き合う大切な時間 自分を知ると自分に合う企業が見えてくる』2022年度 内定者インタビュー第10弾 (バイオテクノロジー科)〔113〕

今回のバイオ科ブログは2022年度内定者インタビュー第10弾です。酒類から食品、酵素、医薬品までを製造販売する会社から内定をもらった学生の就職活動の様子をご紹介します。

スクリーンショット 2023-01-19 162452

合同酒精 株式会社 内定

バイオテクノロジー科 2年 鶴岡さん 

千葉県立松戸六実高等学校出身


「なぜ日焼け止めクリームを塗ると日焼けしないのか」そうした疑問から科学に興味をもった鶴岡さん。紫外線から肌を守るしくみやクリームの成分を勉強したいと、高校2年の時に化粧品開発コースがある専門学校に見学へ行きました。見学先では、化粧品以外に食品や医薬品の開発コースがあって、自分の知らないバイオテクノロジー分野がたくさんあることを知り興味が広がりました。TTCバイオ科のオープンキャンパスに参加して、コース選択がなく、バイオ分野を幅広く学ぶことができる点に惹かれ、入学を決めました。

鶴岡さんは、幼少時代からダンスが好きで、高校時代はダンス部に入部しました。汗と涙の厳しい練習を経て、みごと全国大会に出場。「夢だったステージに立てて、本当に嬉しかったです。仲間と踊る楽しさや諦めないで努力すれば夢が叶うことを、ダンスから学びました。」と笑顔で振り返ってくれました。TTCの鶴岡さんは、いつも誰かを気遣い、相手のことを優先に考え行動します。協調性の高さは、ダンス部でチームワークを大切に過ごした経験で磨かれたのですね。

「自分の商品を作りたい!」という夢をかなえるため、商品開発や製造ができる企業を中心に就職活動をおこないました。そして、酒類から酵素や診断薬まで幅広く製造・販売している合同酒精株式会社からみごと内定を頂きました。


TTCバイオ科で好きな教科

 微生物学実習 (担当:松井先生

 細胞工学実習(担当:吉本先生


――――就職活動をいつから始めましたか?

会社説明会(7社) エントリー(6社) 採用試験(5社)

▼ 1年3月 就活スタート 

▼1年3月 他社説明会

▼2年6月上旬 工場見学・1次面接

▼2年6月下旬 2次面接 

▼2年7月 最終面接

▼2年8月 内々定


――――就活を通して大変だったことは何ですか?

面接の対策です。

初対面の人と話すことが苦手なので、上手く言葉にできなかったり、緊張から考えていた志望動機を忘れてしまったことがあります。自信を持って話せるように、頭の中で何度も練習しました。


――――自己分析はどのように行いましたか?

「自分が知っている自分」と「他者から見た自分」は、違うところがあると思ったので、親や友達に自分の長所や短所を聞いてメモに書き留めていました。


――――これをやっておいて良かったと思うことはありますか?

学校の履修判定試験の勉強です。

企業の方に成績のことで良い評価をいただいたので、しっかり勉強しておいて良かったと思います。


――――ズバリ勝因はなんだと思いますか?

企業をたくさん調べて、自分と相性のよい会社を選べたことが勝因だと思います。

合同酒精株式会社は面接で私の話を丁寧に聞いてくれました。私も友人の話を親身に聞くことを大切にしているので、「傾聴」に重きを置いている会社に内定を頂けて嬉しかったです。また、フレンドリーな社風も私の理想とするところでした。


――――これから就活が始まる後輩たちにアドバイスはありますか?

就活は自分と向き合える良い機会です。自己分析するときに、他者から自分のことを客観的に聞けたので、今まで気づかなかった自分を知ることができました。例えば、私は聞き上手らしく相談しやすいと言われたのが嬉しかったです。

また、就活がうまくいかなくても、絶対に焦っちゃダメです!焦ったら自分の本当に行きたいところを逃してしまいます。就活中でも、実習や座学の授業を手を抜かずに受けて、1日1日、大切に過ごすことが大事だと思いました。


――――TTCでの生活も残り2か月になりました。思い出に残っているエピソードを教えてください。

クラスメイトと実習したり、掃除したり、おしゃべりしたり…そんな何気ない日常が大好きです。学生生活があと2か月だと思うと本当にさみしくなります。

1年半前のバイオのことを何もわからなかった頃を振り返ると、ずいぶん成長したなと感じます。例えば、顕微鏡操作1つにしても、細胞数の計測もできますし、プレパラートを作ってすぐにピント合わせができるようになりました。それは、日々の実習や講義の積み重ねのおかげだと思っています!まだ、卒業研究が残っているので、残り2カ月悔いのないように学生生活をおくりたいです。


スクリーンショット 2023-01-19 161622

RJP活動では、ヘチマやアサガオでグリーンカーテン作りをした鶴岡さん。実ったヘチマで、以前から興味があったヘチマコロン作りにもチャレンジしました。

鶴岡さんの好きな言葉は『塵も積もれば山となる』です。些細な行動も、時間をかけて続ければ、やがて大きな結果につながることを、彼女はこれまで経験から学んできました。真面目にコツコツ粘り強く取り組める忍耐力と他者を思いやる優しさを合わせもつ鶴岡さんなら、就職後も周りに信頼され、慕われることでしょう。これからますますの活躍を楽しみにしています。


◆2022年度 内定者インタビューバックナンバー◆

内定者インタビュー第1弾『運も味方に!文系から理系へ転身 大手食品会社に内定』

内定者インタビュー第2弾『焦らず自分らしくを貫いて 高校からの夢である微生物を用いた物質生産を仕事に』

内定者インタビュー第3弾『学業と就活の両立は大変!計画的なスケジュール管理で内定を引き寄せる』

内定者インタビュー第4弾『専門人材育成訓練生として専門学校で学び就職する!』

内定者インタビュー第5弾『高校の部活動で培ったプレゼンテーション能力を武器に就活!再生医療分野で細胞培養技術者になりたい』

内定者インタビュー第6弾『医学の最先端 大学の研究室で研究助手として働く!』

内定者インタビュー第7弾『高校時代の厳しい部活動経験が就活に役立った!やり切る力と謙虚な心』

内定者インタビュー第8弾『実験の成功体験・失敗体験の繰り返しが自己効力感UPにつながる!』

内定者インタビュー第9弾『自分イノベーション!社会人からの『学び直し』で新たな人生を切り拓く』

東京テクニカルカレッジ バイオテクノロジー科 講師紹介

バイオ科ブログのバックナンバーはこちら

バイオ科 公式Twitter 毎日更新中♪

バイオテクノロジー科 公式 (@TTCbio)

バイオ科の学生Twitterは毎週金曜日更新☆

RJP学生 広報部Twitter (@BioRJP)

バイオ科学生のインスタとTikTokも宜しくお願いしま~す(*^ ^*)

QRスクリーンショット 2022-09-01 225545

文責: 宮ノ下いずる

2023.01.10

バイオテクノロジー科

第38回 TTCバイオカフェ 2023年2月17日、Zoom開催します!(バイオテクノロジー科)

第38回TTCバイオカフェ(Zoomによるオンライン開催)のお知らせです。

今回のTTCバイオカフェは『感染症』がテーマ。動物の感染症がご専門の東京大学大学院農学生命科学研究科の芳賀猛教授をお迎えし、感染症の歴史や人・動物・環境と感染症の関わりについてお話をしていただきます。


テーマ:「感染症から考える“ワンヘルス” ~人・動物・環境の健康(ヘルス)を目指して」

スピーカー:芳賀猛先生(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)

日時:2023年2月17日(金)18:30-20:00


主催:専門学校東京テクニカルカレッジ

共催:特定非営利活動法人 くらしとバイオプラザ21

230217s芳賀先生チラシ_page-0001

PDFはこちら


参加方法

申し込み先着 30名 参加費無料

参加希望者は以下の短縮URLまたはQRコードからお申込み下さい。


https://forms.gle/FtJmiN4qbwNYmRdk6

38回 QRコード

これまでのTTCバイオカフェは、ここをクリック。


■ TTCバイオカフェとは?

専門学校 東京テクニカルカレッジ(TTC)・バイオテクノロジー科 では、2009年より特定非営利次活動法人 くらしとバイオプラザ21との共催で「TTCバイオカフェ」を年に2~3回開催してます。バイオカフェは、1998年英国リーズで始まったカフェ・シアンティフィック(Café Scientifique)を起源としたサイエンスカフェのバイオ版です。科学の専門家と市民とが、お茶を飲みながら科学について語り合うイベントです。


■ 特定非営利活動法人「くらしとバイオプラザ21」とは?

代表:大島美恵子(東北公益文科大学名誉教授)

副代表:正木春彦(東京大学名誉教授) 

くらしとバイオプラザ21 は、「くらしとバイオ」の視点で、バイオテクノロジーに関する情報をわかりやすく提供し、対話の場創りをしています。茅場町を中心に全国各地でバイオカフェを330回以上開催。東京テクニカルカレッジ(TTC)は実験教室などに協力、同法人の佐々義子常務理事はTTCのカリキュラム検討委員として、連携して活動しております。

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。