IT系学科診断を2秒で!

BLOG

学校のいまを知る

学科を選択

2022.01.21

バイオテクノロジー科

卒業生インタビュー きっかけはTTCバイオ Part4『私が証明します。いつからでも学び直せる!』(東京テクニカルカレッジ バイオテクノロジー科)〔070〕

TTCバイオ科では、これまで数多くの優秀な学生が学んできたが、その中でも吉野さんは群を抜く。1年生の4期から卒業まですべての試験でクラス1番をとり続けた優等生だ。その上、無遅刻無欠席、実験もそつなく丁寧で、RJP活動も精力的に取り組む、まさに学生の鑑(かがみ)。

先週、彼女が休みをとってわざわざTTCに遊びに来てくれた。卒業から9カ月ぶりの再会である。

優等生の彼女だが、就職活動は順風満帆ではなかった。周りは次々と内定が決まっていく中、最終面接で落ち続け、自信を失った。「先生、私のどこがいけないのでしょうか。」肩を落とし、目を赤くして、私に問いかけてきた彼女を今でも忘れられない。その後、ねばり強く就活を続け、10月に希望の職種で内定を取った。

今、彼女は就職先で充実した日々を送っているのだろうか。

スクリーンショット 2022-01-20 161023

吉野さん  分析化学会社  (2021年 卒業)


ーーー東京テクニカルカレッジのバイオテクノロジー科に入学を希望した理由を教えてください。

前の職場にTTCの卒業生がいました。私が化学や生物について、勉強不足を感じ学校に入り直そうか相談した際、TTCを紹介してもらったのがきっかけです。

オープンキャンパスに何度か参加したのですが、他の学校とは違い、バイオ科の先生は学校の売り込みではなく、親身になって私の人生相談にのってくれました。学校に入り直すのがいいのか、転職して実務経験を積みながら勉強するのがいいのか、私にベストな進路は一体何なのかを一緒に考えてくれました。

結果的に私は仕事を辞めて学校に入り直すことを選び、親身になってくれる先生のいるTTCに入学を決めました。


ーーー学生時代の心に残っている思い出を教えてください。

1)授業について 

思い出に残っているのは、大腸菌のβ-galactosidaseの分離をするためのカラムを作ったことです。分離が遅すぎるカラムを作ってしまい、実験がなかなか終わりませんでした(笑)。現代はオートメーション化が進み、ガスクロや滴定もサンプルをセットしておけば勝手に機械が測ってくれますし、カラムも既製品を購入すれば、検出時間がかなり短縮できます。しかし、分析の原理を知っておかないとトラブルが起こった際、何が原因なのか予測が立てられないことも多いです。そういう意味でも自分でカラムを手作りしたことは良い経験だったと思います。


2)イベント

定期的に行われるTTCバイオカフェ※です。机のセッティングやカフェ運営のお手伝いをした後、色んな専門家の講演を聞いていました。授業の予習にもなりますし、知らない世界を知ることもできる良い場だと思います。今も大藤先生からバイオカフェ開催の連絡を受け、時間が合う限り、リモートでバイオカフェに参加しています。

その他、私は助手の横田先生が大好きなので、学園祭を一緒に廻ってくれたのは嬉しすぎました(笑)

スクリーンショット 2022-01-20 160923

3)先生

理想の上司である先生方には、ここでは語り尽くせない程に各々思い出がありますが、一つ取り上げるならば、コロナの状況下の就職活動で苦しんでいる時、宮ノ下先生から励ましのお手紙をいただいたことです。電車の中でそのお手紙を読んでしまい、嬉しくてその場で泣いてしまいました。周りからどう思われたのだろうと思います・・・。

その約4ヶ月後に就職が決まり、宮ノ下先生は飛び跳ねるように喜んでくれました。今もそのお手紙は引っ越し先に持ってきており、大事に保管しています。

スクリーンショット 2022-01-20 160817

4)RJP活動

仕事でよくサンプルの写真撮影をするのですが、発表のための資料作りを思い出します。特に1年生の時にハーバリウムを制作したのですが、完成したハーバリウムをいかに美しく魅せるか、照明や小物、画像加工で工夫しました。人は見た目が9割と言われてますが、物でも見た目は大事だなと思います。


ーーーバイオ科での学びが現在の仕事に生きていると感じることはありますか?

バイオ科で学んだレポートの書き方です。私の職場では報告書の書き方に決まりがないので、依頼内容や人によってまとめ方が全然違います。迷った時は松井先生から教わったレポートの書き方で書いてます。元素記号に意味を書いたり(例、Zr:ジルコニウム)、実験の手順を説明するのに図を組み合わせたりと、化学知識がない方でも見やすい報告書を心がけています。


ーーー就職を目指す在学生へのエールをお願いします。

在学中に関わらず、希望通りの会社に就職できる人・できない人、大学受験に成功する人・失敗する人、色んな人がいると思います。しかし、どの道を進んでも、絶対にその道が正しいなんてことはないと思います。思っていたのと違いガッカリしたり、実際にやってみて自分はこういうのに向いてるかも?と、後から気づくことも多くあると思うのです。ですから、年齢・経験に関わらず、いくらでも進路変更すれば良いと思います。

私自身[高校卒業→医療系専門学校入学・中退→中小企業就職・退職→TTC入学]と綺麗な経歴ではありません。楽しかったり辛かったり、色んな経験を得て今の自分がいます。一つの分野に特化するのも勿論良いですが、幅広く学べ、色んな進路への道が開けるのがこのバイオ科の強みでもあるので、どの道に進んでも自分の糧となります。他人と比較しないで自分を大切にしてほしいと私は思います。


ーーーこれからの夢を教えてください。

ずばり、マンションを買いたいです(笑)

あとは仕事を続けながら、通信制の大学に通いたいとも思っています(目指すは大江先生レベルの幅広い知識)。

スクリーンショット 2022-01-20 160956

「仕事で茶色の異物を分析したとき、ご依頼者様が虫の翅じゃないかと仰いました。でも、タンパク含量低めだし、糖類(セルロース)が検出されて、顕微鏡で見ても木片のようにしか見えなかったので、自信を持って虫の翅ではないと答えられました!」嬉しそうに仕事の話をする吉野さんは、きらきら輝いていた。

TTCバイオ科はコース選択がない。2年間、全員で化学、食品学、動物細胞培養、微生物学、植物学などを幅広く学ぶ。吉野さんは、化学分析の会社に就職したが、植物学実習で植物の形態観察をした経験が仕事に活かされたようだ。そんな彼女は、この先も即戦力として社会で活躍するにちがいない。これからも、ずっと応援しているよ!


※ これまでのTTCバイオカフェはこちら


吉野さんを深ぼり!

2021年 自作しちゃいました!電気泳動装置


インタビューを受けてくれる卒業生大募集♪

ご連絡お待ちしています(*^^*)


★卒業生インタビュー バックナンバー★

Part1 西尾さん(2008年 バイオ科卒)『植物とペンギンが好き!仕事も趣味も楽しむ生き方』

Part2 植竹さん(2008年バイオ研究科卒)『専門学校で培った経験を武器にクラフトビール業界に旋風を巻き起こす!』

Part3 今野さん(2020年バイオ科卒業)

『文系大学を出てから専門学校でバイオ技術を学ぶ!医薬品開発を仕事に』



バイオ科 公式Twitter 毎日更新中♪

バイオテクノロジー科 公式 (@TTCbio)

バイオ科の学生Twitterは毎週金曜日更新☆

RJP学生 広報部Twitter (@BioRJP)

こちらも宜しくお願いしま~す(*^ ^*)


文責)宮ノ下いずる


2022.01.14

バイオテクノロジー科

東京テクニカルカレッジ バイオテクノロジー科 非常勤講師紹介 №2〔069〕

いよいよ最終学期の5期がスタートしました。

バイオ科の2年生は卒業研究の追い込み、1年生もプレ卒研に大忙しです。


さて、今回のバイオ科ブログは、後期(4期~5期)にお世話になっている3人の非常勤講師をご紹介いたします。


スクリーンショット 2021-12-30 113433


スクリーンショット 2021-12-30 113508

須田 亙 先生

 須田先生は、TTCバイオ科の1年生の微生物概論を担当しています。先生の授業はわかりやすくて面白いと評判です。授業を受けた学生が興奮しながらこんな話をしていました。「病気の人に、健康な人の便を移植すると腸内環境のバランスを整えることができる話、すごいよね。便移植って⁉衝撃だったよ。」須田先生は腸に生息する微生物(腸内フローラ)を解析し、それらが私たちの健康に与える影響を研究しています。微生物学の授業では、先生が行っているメタゲノム解析の最前線が学べます。

 実は、先生はTTCバイオテクノロジー研究科の卒業生。微生物学に興味を持ったのは、TTCで出会った恩師がきっかけだったようです。今、研究者として活躍している先輩の姿に、バイオ科の学生は大いに刺激を受けています。

(須田先生には2017年TTCバイオカフェで「私達の身体にすむ細菌たち」と題してご講演頂きました) 



〈プロフィール〉

TTCバイオテクノロジー研究科を卒業後、千葉大学大学院に進学し農学博士を取得

東京大学大学院新領域創成科学研究科 特別研究員

慶應義塾大学医学部 助教、講師を経て

現在は理化学研究所生命医科学研究センターに副チームリーダーとして勤務

先端NGSを用いたメタゲノム解析によって、ヒトの身体や、さまざまな環境に住んでいる微生物の生き様と、それが周囲に与える影響の解明に挑んでいます。

2020年から2年連続で、クラリベイト・アナリティクス社のHighly Cited Researchers(高被引用論文著者)に選出されています。

参考utr(生研センター インタビュー記事


■趣味/マイブーム

音楽鑑賞(どんなジャンルでも好きです)、散歩、アウトドア


■好きなもの/嫌いなもの

好きなもの:ラーメン、魚介類 

嫌いなもの:アボガド


■私ってバイオ系人間だと思う瞬間

植物を育てるのが好きだったり、菌を培養するのが好きなところが、やっぱりバイオ系人間だな、と思いますね。


■教育で心がけていること

生物学は、解析技術の進歩とともに、驚くような新しい発見が次々となされている現在進行中の学問だと思っています。このため講義では、教科書に載っていない最新知見をなるべく多く紹介するようにしています。


■出身地

青森うまれ、東京育ち


スクリーンショット 2021-12-30 113535

佐藤 成美 先生

 佐藤先生は、TTCバイオ科の1年生の授業を中心に、生化学、食品化学の講義を担当しています。先生は、知的好奇心が旺盛で、様々な分野のサイエンスに精通しています。先生にお会いするたび、最先端の研究の話を伺えるので、毎回、刺激的でとても楽しいです。

 なぜ、そんなに幅広い知識をお持ちなのか。実は、先生は、研究機関や企業の研究者を取材して、専門家の話をわかりやすく書いて伝えるサイエンスライターとしてもご活躍です。『おいしさの科学』(講談社)をはじめ、これまでたくさんの著書があります。

 ある日、佐藤先生とつくばでばったりお会いしました。「今日も研究機関へ取材ですか?」「ええ、今日はちょっと産総研(産業技術総合研究所)へ。つくばは新鮮な野菜が手に入るので、これも1つの楽しみなんですよ。」と微笑みながら両手にさげた袋の中をみせてくれました。中にはいろんな種類の新鮮な野菜がどっさり。食品化学をご専門の佐藤先生は、ご自身の「食」にも気を配っています(*^^*)


〈プロフィール〉

東京水産大学大学院修士課程修了後、食品メーカー研究所勤務を経て、東京大学大学院博士課程修了(博士(農学))。現在はサイエンスライターとして、専門誌や科学系ウェブサイトに執筆しながら、複数の大学で非常勤講師も務める。

著書に『おいしさの科学』(講談社)、『理系学術研究者になるには』『理学部・理工学部(なるにはBOOKS 大学学部調べ)』『栄養学部』『農学部』(ぺりかん社)、『お酒の科学(おもしろサイエンス)』(日刊工業新聞社)、『科研費のしくみと獲得法がわかるービジュアル図解』((株)誠文堂新光社) など多数


■趣味/マイブーム

旅行:旅先では市場やスーパーマーケットに必ず行く。


■好きなもの/嫌いなもの

好きなもの:食べることは好き 

嫌いなもの:寒さは苦手


■私ってバイオ系人間だと思う瞬間

・害虫や雑草でも写真をとって、種類を確認してしまう。

・ゴミをみると、バイオマスという言葉が浮かぶ。


■教育で心がけていること

その分野に広く関心をもってもらう


■出身地

東京都生まれの千葉県育ち


スクリーンショット 2021-12-30 113559

古賀農人先生 

 TTCバイオ科では、薬の作用、副作用、薬の体内動態、漢方薬や予防薬など、医薬を学ぶ授業があります。バイオ科2年生の『医薬品化学』です。担当は精神科学がご専門の古賀農人先生。今年度もCOVID-19対策で、勤務先の病院からオンラインでご対応頂きました。

 先生の授業は、学生一人一人に語りかけるスタイル。「花粉症の薬を飲んでいる方はどのくらいいますか?あ~結構いますね。では、その薬の副作用について答えてくれる人いますか?」数人の学生が声をそろえて「眠気です。」教室内に笑いがおこり和やかな空気に包まれました。オンラインですが、古賀先生の授業は対面と同じような臨場感があります。

 授業の後も、先生は忙しい。学生が質問しようと待ち構えているのです。授業の内容以外にも自分が飲んでいる薬の副作用や体内動態についての質問もあります。古賀先生は、1つ1つ丁寧に答えてくれます。まるでカウンセリングをしているよう。先生のやさしいお人柄に、心許して、ついつい相談したくなるのです。


〈プロフィール〉

佐賀大学農学部 学士

佐賀大学大学院 修士(農学)

筑波大学大学院 博士(医学)

現在は、防衛医科大学校 医学教育学部医学科 精神科学講座で助教として在職中。


■趣味/マイブーム

マウスの心理を知る。


■好きなもの/嫌いなもの

好きなもの:とんかつ、船旅

嫌いなもの(苦手なもの):研究助成金の申請書づくり


■私ってバイオ系人間だと思う瞬間

・サイエンス番組やドラマでついつい物申したくなる。

・野山のネズミを見るとワイルドタイプと表現する。


■教育で心がけていること

教科書に載っていないような新しい情報や、裏技的な内容もできる限り織り交ぜる。


■出身地

生まれは群馬ですが育ちはあちこち。


非常勤講師の先生方、いつもバイオ科を支えてくださりありがとうございます。この場を借りて深く感謝申し上げます。今後とも末永くどうぞ宜しくお願い致します。


★バックナンバー★ 

スクリーンショット 2021-09-09 120003

バイオ科 非常勤講師紹介 №1 →主に前期(1期~3期)の授業をご担当頂いている先生をご紹介しています。


スクリーンショット 2021-08-07 105714

バイオ科教職員紹介はこちら


2022年も東京テクニカルカレッジ バイオテクノロジー科をどうぞ宜しくお願いします。


バイオ科 公式Twitter 毎日更新中♪

バイオテクノロジー科 公式 (@TTCbio)

バイオ科の学生Twitterは毎週金曜日更新☆

RJP学生 広報部Twitter (@BioRJP)

こちらも宜しくお願いしま~す(*^ ^*)


文責:宮ノ下いずる

2021.12.24

バイオテクノロジー科

第7回 学生通信 (東京テクニカルカレッジ バイオテクノロジー科)〔G07-068〕

月末の金曜日は、RJP活動で広報担当の学生によるバイオ科通信をお届けしています。

12月は、RJP9班の広報部が投稿してくれました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


バイオ科 RJP 学生通信です。

今年も残り僅かになり、6月から始まったRJP活動も各班で成果が現れてきました。第7回ではRJP「微生物アート班」「ドライフラワー班」「SNS班」の活動結果をお伝えします。


微生物アート

食紅で着色した培地に細菌や酵母を繁殖させて作品を作る微生物アート班の結果です。

まずは食紅で着色した培地に酵母を培養した結果、コロニーが青く着色したので調べてみることにしました。


スクリーンショット 2021-12-22 161200

スクリーンショット 2021-12-22 161310

着色したコロニーを、無着色培地に継代培養すると、通常の白いコロニー(生きた菌)が観察されました。この結果から、着色したコロニーは死んだ菌由来なので継代培養は不可能だと判断しました。

スクリーンショット 2021-12-22 161348

            【微生物アート1】

こちらは菌液を絵筆にとり、培地に筆で絵を描いて培養させた作品です。

黄色の培地は酵母を使用した「TTCのロゴ」です。

右側の「ふたば」の作品は3種類の菌で描いています。葉の外観を大腸菌、葉脈を黄色ブドウ球菌、それ以外の部分は酵母を使用しています。酵母で塗りつぶしたところに黄色ブドウ球菌で葉脈を描いてみたところ、混ざることなく培養されました。葉に立体感がうまれています。

左側の「日本列島」には本土の部分と右下の沖縄の部分を黄色ブドウ球菌、それ以外は大腸菌を使用しているそうです。

スクリーンショット 2021-12-22 161110

          【微生物アート2】

次に青色の培地に大腸菌で「雪の結晶」を描いた作品です。複雑な模様もしっかりと表現されています。

赤い培地の「三角フラスコ」は、フラスコの輪郭に酵母、内部は大腸菌を使用しています。内側に植菌した大腸菌が横に広がり、輪郭線からはみ出てしまいました。菌によってコロニーの形状や増殖スピードが異なるため、特徴を理解して使い分けが必要なようです。

私は、菌で培地に絵を描けることに驚きましたが、絵のクオリティーも高くてすごいと思いました。今後はさらに多様な作品を制作していくそうです。完成が楽しみですね。


ドライフラワー

次に紹介する班は6階テラスの花壇で季節の花を育てている班です。今期育てたマリーゴールドでドライフラワーを作りました。

スクリーンショット 2021-12-22 161418


スクリーンショット 2021-12-22 161533

シリカゲルを入れた缶の中に、マリーゴールドを並べて乾燥させます。

青いシリカゲルが水分を吸収すると紫色に変色するので、マリーゴールドに含まれる水分が吸収されていることが分かります。シリカゲルは多孔質の網目構造をしており、H2OやNH3をすいとる吸着剤として用いられています。


スクリーンショット 2021-12-22 161616

引用 『水ガラスやシリカゲルをの製法まとめ!反応式の作り方! | 化学受験テクニック塾

スクリーンショット 2021-12-22 161801

シリカゲルで乾燥させたマリーゴールドは花の大きさや外形を保ったまま乾燥でき、色味も脱色されることなく残せたため、生花に近い見た目をしています。

来年は冬花の球根を育て、標本席札の作製も検討しているそうです。バイオ科ではRJP活動のおかげで1年を通して色とりどりの花が見られます。


名刺 (バイオ科SNS紹介カード)

学生通信の執筆やTwitterやInstagramを使ってバイオ科の広報を担当する我々SNS班ですが、今期から、バイオ科で発信しているSNSの紹介カードを名刺サイズで作成することにしました。4つのデザイン案を作成し、バイオ科の学生に好きなデザインを1つ投票をしてもらいました。


スクリーンショット 2021-12-22 161918スクリーンショット 2021-12-22 161942

スクリーンショット 2021-12-22 162005スクリーンショット 2021-12-22 162032

バイオ科学生から一番多くの票を獲得したデザインは4番でした。採用されたデザインの裏面にはワンポイントでクラゲの画像を入れています。これはオワンクラゲ由来の蛍光タンパク質の遺伝子を大腸菌に導入する実験から着想を得たものです。今後、これをバイオ科の紹介カードとしてオープンキャンパスに来た見学者に配布していきたいです。

スクリーンショット 2021-12-22 161822スクリーンショット 2021-12-22 161846

この紹介カードにあるQRコードから、私たちが投稿しているTwitter、instagramやブログをご覧いただけます。TTCバイオ科の学生の生活をより深く知ってもらえたら嬉しいです。


文責:9班 2年K

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


バイオ科ブログは1月7日まで冬休みを頂きます。

次の更新は1月14日(金)です。

どうぞお楽しみに~






保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。